RSS

中国:「中国製造2025」発表、製造強国を実現へ

2015年5月21日(木) 12時05分(タイ時間)
【中国】中国国務院は19日、「中国製造2025」を正式発表した。新たに打ち出された政策指針は、製造大国から製造強国への転換に向けた戦略を示したもの。これにより、製造業全般の競争力強化を狙う。

 国務院はまず、製造強国の実現に向けた3つのステップを明示。第一歩は、2025年までに製造強国に仲間入りすること、第二歩は、2035年までに国内製造業の全体水準を世界「製造強国陣営」の中レベルに引き上げること、第三歩は、中華人民共和国設立100周年(2049年)までに、総合的な実力で世界の製造強国のトップクラスに入ること――と定めた。

 これら3ステップのうち、「中国製造2025」は第一歩の段階である2025年までの戦略を盛り込んだもの。大きな戦略としては、◆製造業の刷新力引き上げ、◆情報化と工業化の融合推進、◆工業分野の基礎力強化、◆品質向上、ブランド構築の強化、◆環境に優しい製造業の推進、◆製造業の国際化水準引き上げ――などの目標を掲げた。

<「10大重点分野」に注目>
 また、「10大重点分野」として、(1)新世代情報技術産業、(2)ハイエンドデジタル工作機械・ロボット、(3)航空・宇宙設装備、(4)海洋工程装置およびハイテク船舶、(5)先端鉄道装備、(6)省エネ・新エネルギー自動車、(7)電力設備、(8)農機設備、(9)新素材、(10)バイオ医薬及び高性能医療機器――が定められた。

 さらに、◆国家製造業刷新センターの建設、◆製造業のスマート化、◆工業分野の基盤強化、◆環境にやさしい製造業の育成、◆ハイエンド装置産業の刷新――を重大プロジェクトとし、製造業全般の競争力を引き上げる方針が示された。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

『日系製造業向けセミナー』開催のご案内

【中国】電子機器の受託製造サービス(EMS)が盛んな広東省・東莞市で工場の賃料相場が低迷している。

【中国】上海の高級賃貸オフィスのテナント構成に、2014年は変化が見られた。

特集



新着PR情報