RSS

中国:天津大教授など6人起訴、米司法省が携帯技術窃盗の容疑で

2015年5月22日(金) 12時41分(タイ時間)
【中国】天津大学・自精密儀器光電子工程学院の教授を含む中国人6人が19日、米司法省によって起訴されている。容疑は「産業スパイ罪」や「企業秘密窃盗罪」など。「共謀罪」などを含めて合計32項目に上る違法行為が列挙された。

 米国の米スカイワークス・ソリューションズとアバゴ・テクノロジーズから携帯端末の性能向上に有効な圧電薄膜共振器(FBAR)技術を盗んだとされる。軍事分野にも転用が可能だ。

 「学会出席」の名目で訪米した張浩教授(36歳)は16日、中国を出発してロサンゼルス空港に到着した時点で逮捕。18日、カリフォルニアの裁判所に出廷させられた。残り5人については、中国にいるとみられる。

 犯罪証拠のひとつとして私的メールの遣り取りが挙げられた。起訴状などによると、6人はすべて天津大学の関係者。うち3人は、同時期に南カリフォルニア大学に留学していた。その後、張浩教授は米スカイワークス、厖慰教授はアバゴに入社。FBAR製品の開発に従事し、退社後は本国の中国に戻ったという。FBAR技術を利用すると、スマートフォン、タブレットPC、GPS機器の性能を引き上げることが可能だ。

 米国の経済スパイ法は、1996年に制定された。今回の起訴は、累計で11件目となる。有罪が確定した場合、最高で懲役15年の刑罰が下される。

 中国メディアによると、教授2人が起訴された今回の案件について、天津大学は「知的財産権に関連する係争に過ぎない」とコメントした。

 一方、この件に関して、中国当局は重大な関心を寄せている。弁護士の選定を含めて保護する姿勢だ。外交部の洪磊・報道官は20日、中国人の人権が侵害されないか注視すると発言。米当局の動きをけん制した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

タイ国立大で14億バーツ横領、元学長ら起訴newsclip

【タイ】タイ国立キング・モンクット工科大学ラークラバン校(KMITL)の銀行口座から約14億バーツが横領された事件で、検察は17日、KMITLのタウィン前学長(61)ら11人を横領、公文書偽造など...

元タイ商務相ら起訴 コメ買い取り政策めぐる汚職でnewsclip

【タイ】タイ最高検察庁は17日、インラク政権(2011―2014年)が導入した事実上のコメ買い取り制度「コメ担保融資制度」をめぐる汚職で、ブンソン元商務相らをタイ最高裁判所政治家刑事犯罪部門に起訴し...

【中国】汚職収賄で失脚した元軍制服組トップの徐才厚氏(中央軍事委員会の前副主席)が15日、死亡したことが分かった。71歳だった。死因は膀胱がん末期の全身転移による多臓器不全とされる。

【タイ】タイの人権保護団体インターネット・ダイアローグ・オン・ロー・リフォームによると、タイのウボンラチャタニ県裁判所は7月31日、同県在住のタイ人男性(27)に不敬罪で禁錮14年10カ月の実刑判...

特集



新着PR情報