RSS

タイ東部シラチャ不動産 FULL HOUSE Thailand (THREE MILES (THAILAND) CO., LTD.)

2015年5月22日(金) 12時48分(タイ時間)
谷口 譲曜 氏 Managing Director渡辺 真人 氏 Vice President東 潤一 氏 Senior Sales Manager中山 卓也 氏 Sales Manager(写真後列左より)の画像
谷口 譲曜 氏 Managing Director渡辺 真人 氏 Vice President東 潤一 氏 Senior Sales Manager中山 卓也 氏 Sales Manager(写真後列左より)
谷口 譲曜 氏 Managing Director
渡辺 真人 氏 Vice President
東 潤一 氏 Senior Sales Manager
中山 卓也 氏 Sales Manager
(写真後列左より)

タイ東部で日本人向け不動産売買・賃貸
家族構成やライフスタイルに合わせた物件紹介

「探すのが困難」といわれてきたシラチャの日本人向け物件

――御社概要をお聞かせください

 新潟に本社を構える「株式会社スリーマイルズテーシー」のタイ現法として2013年、THREE MILES (THAILAND) CO., LTD.が設立。ハーレーダビッドソンのパーツの販売がメインですが、バン週マンゴー事業として、タイから日本に贈答用マンゴーなどの販売も行っております。

 2014年7月新規事業として、日本人向け不動産売買および管理、賃貸物件紹介を業務とするFULL HOUSE Thailandをシラチャに立ち上げました。日本人宿泊客が多いシティホテル・シラチャ近くに店舗を構えております。

――シラチャの不動産を手掛けることになったきっかけは?

 ご存知のとおり、チョンブリ県シラチャは「タイ東部の日本人町」として在留邦人数が1万人もしくはそれ以上といわれる、日本人にとって重要な街となっています。賃貸物件については、泰日協会学校シラチャ校(シラチャ日本人学校)もあり家族連れが増えていますが、「日本人のニーズに耐え得る物件は満室。住むところがない」という先入観が浸透しています。

 一方、投資・投機という観点でシラチャの不動産を見てみますと、日本の投資家にとってシラチャは「不動産賃貸業のスキームを作るのが難しい」というのが現実です。購入後の客付けや修繕といった管理を任せられる会社がない状況でした。

 そのような現状を打破すべく「日本人にとって住みよい街づくりや投資家へのサポートを実現したい!」と、立ち上げたのがFULL HOUSE Thailandです。

常時百数十戸の物件を紹介

――実情はどうでしょうか?

 まず賃貸ですが、弊社はシラチャおよび南隣のビーチリゾートのパタヤで常時100―150戸の空き物件をご紹介。家族構成やライフスタイルといった条件に合うか否かが問題なだけで、住むところはあるのです。

 ただ、家族で利用しやすい2ベッドルーム以上に関しては需要が高まっているにもかかわらず、供給が少ないのは事実です。開発する側としてみれば、アパートでも分譲マンション(コンドミニアム)でも小規模な1ベッドルームをたくさん造る方が儲かるので、広めの部屋が少ないのは当然といえます。シラチャの物件を平均すると、1ベッドルームで35平米から、2ベッドルームで60平米から。築年数が浅い物件の方がより「こじんまり」感が強くなります。

 ――やはり家族でのシラチャ滞在は部屋を探すのが大変なのでしょうか?

 決してそうではありません。アパートなのか、一軒家なのか、市街地なのか、日本人学校近くか、といった条件次第で、ご紹介できる物件が変わってくるということです。

 例えば、シラチャの中心地といえばロビンソンデパート一帯ですが、どうしてもそこに住む必要があるのか。そうではなく、子どもの通学を考えて日本人学校近くの郊外を望むのか。市街地は便利な分だけ需要が集中してご紹介できるまでに時間がかかりますが、郊外なら一軒家を見つけやすいといえます。いずれにいたしましても、ご紹介できる空き物件は必ずあるということです。

――最近になって物件が増えてきたということでしょうか?

 これまで物件がなかったわけではなく、紹介する業者がいなかったというのが正確な表現でしょう。それを弊社が、レントハウスという看板を見つければ必ず問い合わせるなど、市内をくまなく歩いて探しているのです。

 先ほどもお話したとおり、万人の条件に合致する物件はありません。「バンコクでなくシラチャに滞在」となった途端に、「市街地・広めの部屋・シービュー」とハードルが高くなることがあります。このような条件で探すのは時間がかかるということです。

 シラチャではなくパタヤ北部のナークルアと呼ばれる一帯であれば、ビーチ沿いの高層コンドミニアムにタイミング良く入居できる可能性はあります。まさに「広い部屋、シービュー」です。ただ、日本人としての生活環境を考えると、利便性はシラチャの方が高いでしょう。

利回り年10%が期待できるシラチャの物件

――投資・投機としての不動産は?

 ご想像どおり、タイ在住よりはむしろ日本からのお客様が多いのですが、投資家の方たちのアンテナが高ければ高いほど、「バンコクよりシラチャ・パタヤ」となります。平米当たりの購入価格と賃貸価格から利回りを計算すると、バンコク首都圏では年5%がせいぜいですが、シラチャやパタヤなどタイ東部であれば同10%は期待できますし、実際それぐらいでないと海外の不動産投資として旨みはありません。

 一方でポテンシャルはあっても、客付け、家賃収容、問合せ管理、修繕と言った一連の賃貸管理が出来ないと、長期に渡って安定的な収益、つまり想定した利回りは生まれません。シラチャでもバンコクでも、こういったレベルの管理を引き受ける業者が見当たりません。新築・中古にかかわらず販売はどの業者も行いますが、その後の客付けや修繕といった管理にはほとんど至りません。

 弊社はそのような問題を解決すべく立ち上がった会社であり、日本人および日本語を話すタイ人スタッフが常勤。内装、電気、水道といった工事スタッフも自社で雇用しています。日本人が大家業と聞いてイメージするサービスをここシラチャで提供しています。

――日本人による不動産購入は増えていくのでしょうか?

 日本は経済的に不動産投資の魅力が低くなる一方で、税法も変わって資産運用で悩む人が多いのが現状です。日本での投資・事業拡張が難しいとなれば当然、海外に活路が見出されてくるでしょう。

 シラチャでは現在、日本人のニーズに耐え得るであろう物件が続々と登場しています。建設中もしくは計画中のアパート、コンドミニアム、集合住宅を合わせると、新規物件は一万戸に達するともいわれています。

――御社の今後の事業展開について

 昨年7月のサービス開始でまだまだ勉強中ではありますが、お客様となるべき日本人の増加、紹介すべき物件の相次ぐ開発と、弊社はシラチャを舞台にますます活躍していかなければならないと心しています。弊社サイトはすでに、「シラチャ 不動産」という日本語の検索ワードでトップに、タイ語でも上位にヒットされます。

 供給元となるタイ人の物件オーナーの方々からは引っ切り無しに、「日本人を紹介してほしい」という依頼があり、物件調査は順番待ちになっております。日本人は「部屋をきれいに使ってくれる」と好評です。

 今後はこれまで以上に、売買でも賃貸でもお客様の条件に合った物件を誠実にご紹介していく所存です。

――ありがとうございました

FULL HOUSE Thailand
住所:6/59 Moo 2 Surasak, Sriracha, Chonburi 20110
電話:038-312-510, 092-249-2817(日本人直通)
ファクス:033-033-788 Eメール:info@fullhouse-thai.com(日本語)
営業時間:10時―18時 ウェブサイト:www.fullhouse-thai.com

THREE MILES (THAILAND) CO., LTD.
住所:3F United Tower. 333/4 Soi Sukhumvit 55 (Thonglor), Sukhumvit Rd., Klongton-nua, Wattana, Bangkok 10110
電話:0-2712-6636 ファクス:0-2712-6626
《newsclip》

注目ニュース

タイ携帯キャリア2位DTAC 東部パタヤ、シラチャーで4Gnewsclip

【タイ】ノルウェー通信大手テレノール傘下のタイ携帯電話サービス2位トータル・アクセス・コミュニケーション(DTAC)はタイ東部チョンブリ県のシラチャー、パタヤ、ラン島などで第4世代(4G)携帯電話...

ジンベイザメが綱に絡まる タイ東部シラチャーの海岸でnewsclip

【タイ】3月27日朝、タイ東部ラヨン県シラチャー郡のクイーン・サワン・ワタナ記念病院前の海岸で、体長約5メートルのジンベイザメが漁船のともづなに絡まり動けなくなっているのが見つかった。地元の漁師が...

公園の芝生が陥没、散水車転落 タイ東部シラチャーnewsclip

【タイ】13日、タイ東部チョンブリ県シラチャーのコローイ公園で、散水車が芝生に散水していたところ、突然、地表が3メートル四方、深さ約3メートルにわたり陥没し、散水車の後部が転落した。散水車を運転し...

シンガポール系サービスアパート開業 タイ東部シラチャーでnewsclip

【タイ】タイ東部チョンブリ県シラチャーの市街中心部に建設されたサービスアパート「シタディーン・グランドセントラルシラチャー」が15日に開業する。地上8階、136室で、プール、サウナなどを併設。シン...

ホテル再生大手ブリーズベイ、タイ東部シラチャーでホテル買収newsclip

【タイ】ホテル再生大手ブリーズベイホテル(横浜市)はタイ東部チョンブリ県シラチャーのホテル「シティホテル・シラチャー」(客室数206)を買収し、タイに進出する。

【タイ】イオンのタイ子会社イオンタイランドは26日、食品スーパー「マックスバリュ」のタイの76店目をタイ東部チョンブリ県シラチャー郡のショッピングセンター「アイプレイス・レムチャバン」に出店する。...

「和食さと」 東部シラチャーにタイ1号店newsclip

【タイ】サトレストランシステムズ(大阪市中央区)のタイの合弁会社日本亭サトは19日、日本料理店「和食さと・Jパーク店」をタイ東部チョンブリ県シラチャーのショッピングモール「Jパーク」に出店した。

特集



新着PR情報