RSS

中国:PSAと東風汽車、マレーシアとベトナムで現地生産事業

2015年5月22日(金) 18時10分(タイ時間)
【マレーシア、ベトナム、中国】仏プジョーシトロエングループ(PSA)と中国の東風汽車が東南アジア市場の共同開拓に乗り出す。マレーシアとベトナムでの現地生産事業に向けて調整中とされる。盖世汽車網が22日付で伝えた。

 うちマレーシア事業に関しては、「プジョー408」の現地生産を計画。2社の中国合弁である神龍汽車が近く、パートナー企業のナザ・グループ・オブ・カンパニーズの工場で現地モデル車(右ハンドル車)のテスト生産を始める。セミノックダウン(SKD)方式を採用し、2015年10月の本格稼働を予定。マレーシア国内だけでなく、将来的には東南アジアのその他地域に向けて販売する構想を描く。

 ベトナム事業についても、神龍汽車を通じて展開予定。海外メディアの報道によれば、年内をめどに、現地で合弁工場の建設に着手する。提携パートナーは、チュオン・ハイオート(THACO)。同社はすでにPSAと事業提携関係にあり、現在ベトナム・クアンナム省中部にある「チューライ(Chu Lai)オープン経済ゾーン」内の工場で「プジョー3008」を生産している。

 一方、ベトナム工場の建設に関して、PSAと東風汽車はコメントを控えている。

 PSAと東風汽車は2014年3月、資本提携契約を締結。東風汽車が8億ユーロ(約1076億円)を出資して、PSAの株式14%を取得することに合意した。この資本提携で双方は、中国での生産増強、研究施設の設立と併せて、東南アジアでの合弁事業展開を確認している。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】自動車メーカー中国最大手の上海汽車集団(600104/SH)がロシア、オーストラリア、南米、中東の各地域に販売子会社を設立する方針だ。海外販売の底上げを図る。中国政府系メディアが4日、谷峰・最高財務責...

【中国】民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)が英国に現地工場を建設する計画だ。次世代の「ロンドンタクシー」を生産する。総投資額2億5000万ポンド(約445億円)、年産能力3万6000台に設定した。2017年の稼...

【中国】第一汽車集団の徐建一・董事長(62歳、党委員会書記を兼任)が中国共産党・中央紀律検査委員会(中紀委)に身柄拘束され、取り調べを受けている。中紀委がオフィシャルサイトで15日に公表した。

【中国】長城汽車(グレート・ウォール・モーター:2333/HK)の魏建軍・董事長が中国自動車業界富豪トップの座を保持した。

【中国】民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)は英国に工場を建設する計画だ。

特集



新着PR情報