RSS

「クーデターは枢密院が指示」 タクシン元首相発言が物議

2015年5月25日(月) 14時36分(タイ時間)
【タイ】タイのタクシン元首相が滞在先の韓国で韓国メディアの取材に応じ、妹のインラク前首相の政権を打倒した2014年のクーデターは、タクシン政権を倒した2006年のクーデター同様、タイ国王の諮問機関である枢密院が画策したと述べ、タイ国内で物議を醸している。

 2014年のクーデターでは、2013年末から、ステープ元副首相ら反タクシン派の政党、民主党の関係者が中心となり、バンコクや民主党の地盤である南部で大規模な街頭デモを実施し、バンコクの主要交差点で長期間座り込みをしたり、多数の省庁を占拠するなどして、政府を機能不全に追い込んだ。当時陸軍司令官だったプラユット首相は2014年5月22日、治安回復を理由にクーデターでタクシン派政権を倒し、全権を掌握した。

 タクシン元首相はこうした経緯について、枢密院がステープ元副首相に街頭デモを指示し、軍にステープ元副首相を助けるよう命じたと発言。自分がクーデターで追放されたときと同じだと述べた。

 タクシン政権では、2006年に実業家のソンティ氏が主導する大規模な反政府デモがあり、同年9月、治安回復を理由にクーデターが行われた。

 タクシン元首相の発言について、プラユット首相は22日、「誰からも(クーデターを)命令されていない」と述べ、これまで通り、クーデターは自分の判断によるものという主張を繰り返した。現在出家中のステープ元副首相も「枢密顧問官と連絡をとったことはない」として、枢密院の関与を否定した。

 枢密院はタイ国王を補佐する機関で、枢密院議長1人と最多で18人の枢密顧問官で構成される。王位が空白になった場合、後継者を指名したり、枢密院議長が摂政を務めるなど、権威は重い。現在の議長は元首相、元陸軍司令官のプレム・ティンスラーノン氏。顧問官は元軍高官、王族、元裁判官、元官僚など。2011年に枢密顧問官の死去で欠員が出た際には、チャリット元空軍司令官が後任に任命された。チャリット氏は2006年の軍事クーデターに参加し、2007年に短期間、軍事政権トップを務めた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】22日、タクシン元首相派の民選政権を倒した昨年5月22日の軍事クーデターから1年を迎え、バンコクと東北部コンケン市で、軍事政権に反対する小規模なデモがあり、学生を中心とする参加者40人以上...

プレム議長ご機嫌 あの人をチクリ?newsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相(前タイ陸軍司令官)は12月29日、閣僚、軍幹部らを引き連れ、タイ国王の諮問機関である枢密院のプレム議長(94)のバンコク都内の自宅を訪れ、議長に新年のあいさつ...

不敬罪で指名手配の元タイ下院副議長、フィリピンで死去newsclip

【タイ】タクシン元首相派の前与党プアタイによると、同党幹部のアピワン元下院副議長(退役陸軍大佐)が6日、滞在先のフィリピンで肺炎のため死亡した。65歳。

前首相を刑事訴追、2兆円損害賠償も タイ軍政がタクシン一族圧迫 newsclip

【タイ】タイ軍事政権がタクシン・チナワット元首相一族に対する圧力を強めている。元首相の妹のインラク・チナワット前首相は汚職裁判で実刑判決を受ける恐れがあり、タクシン元首相と同様に、国外亡命を迫られ...

特集



新着PR情報