RSS

中国KFCが地元3社を提訴、製品中傷で賠償請求

2015年6月3日(水) 12時40分(タイ時間)
【中国】中国の3社を相手取って、ケンタッキーフライドチキン(KFC)の中国法人が損害賠償などを求めて提訴した。

 請求額は1社当たり最高150万人民元(約3000万円)。「山西微路况科技有限公司、太原零点科技有限公司、贏陳安之成功文化伝播有限公司は、KFCが店舗で奇形ブロイラーを使用、販売しているなどとする」と偽情報を流したと訴えている。複数の中国メディアが2日、KFC親会社ヤム・ブランズ(YUM/NYSE)の発表として伝えた。

 インターネットを通じて、羽が6本や足が8本ずつ生えたブロイラー肉を加工していると風説を流布したと指摘。根拠のない噂を拡散させたことを公開謝罪するよう求めた。KFCを中傷する偽情報は、4000回以上も転載され、食とKFCブランドに対する中国消費者の不信感を煽ったとされる。
 中国で展開するKFCチェーンは、世界で最も速く店舗網を拡張。2014年末時点で4828カ所に達した。ただ、風説の流布が響いて、通年業績の悪化を余儀なくされている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】中国ケンタッキーフライドチキン(KFC)は今月12日から、北京の店舗約300カ所で挽きたてドリップコーヒーの販売を開始した。

【中国】上海市当局は21日、米食肉加工食品大手OSIグループ(イリノイ州)傘下の上海福喜食品に対して工場の閉鎖を命じたと発表した。

【中国】中国のファストフード業界で、米国を発祥とするケンタッキーフライドチキン(KFC)とマクドナルドがそろって経営戦略に修正を加えている。

【中国】米ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が北京市内で展開する店舗間で、同一商品の価格差が最大で33人民元(約540円)に上ることが分かった。立地によって賃料など店舗の運営コストが異なることから、エ...

【タイ】フライドチキンチェーン「KFC」のタイの店舗で、衆人環視の中、客の女性が女性店員を大声で罵(ののし)った上、殴るけるの暴行を加え、髪を引っ張るなどする動画がインターネットの動画投稿サイト、...

特集



新着PR情報