RSS

「バンコクの女性は衝動買い」 博報堂の消費スタイル調査

2015年6月7日(日) 18時02分(タイ時間)
バンコクのBTSプロムポン駅前の画像
バンコクのBTSプロムポン駅前
写真、齋藤正行
【タイ】博報堂が実施した東南アジアの中間層の女性の消費スタイルに関する調査で、バンコクの女性は、買い物やブランド選択の計画性が低く衝動的にものを買う傾向が強い「移り気なトレンド・フォロワー派」が全体の33・5%を占めると分析された。

 次に多いのが、家族志向が強く節約して堅実な買い方をする「家族コミュニティー優先派」で23・5%。次いで、価格志向が強く計画的に買い物する「賢く手堅い合理派」が20・2%、ブランド志向が強くファッション意識が高い「高度な自己表現派」が16%。商品知識が広くブランド志向が非常に強い「ブランド志向コスモポリタン派」は6・8%と少数だった。

 2010―2014年の調査データをもとに、クアラルンプール、マニラ、ヤンゴンなど東南アジア7都市の15―54歳の中・上位収入層女性の消費スタイルを分析した。サンプル数は1万943人。

 ホーチミンシティは「高度な自己表現派」が41%に上った。ジャカルタは「家族コミュニティー優先派」が40・3%を占めた。
《newsclip》

注目ニュース

【東南アジア】インターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ(東京都渋谷区)が4月にインドシナ3カ国で実施した健康に関する意識調査で、自分の体型が「ちょうどよい」との回答がベトナムで69%、ラ...

東南アジアにおける日本企業の新たな事業展開先として各方面から熱い注目を集めるミャンマー・カンボジア・ラオス。



新着PR情報