RSS

タイが新幹線導入へ、ライバル日本に中国が警戒感

2015年6月9日(火) 02時12分(タイ時間)
【中国、タイ】タイが国内で初めて整備する高速鉄道に、日本の新幹線が導入される見通しとなった。

 海外への高速鉄道の売り込みを強めている中国では、日本の受注を国内メディアが相次ぎ報じている。一時は中国が最有力候補とされていただけに、国内で落胆の声も上がった。世界の高速鉄道ビジネスで、ライバルとして日本の競争力が改めて認識されている。

 タイと日本の両政府は5月27日、首都バンコクと北部のチェンマイを結ぶ高速鉄道の建設をめぐり、協力覚書を交わした。路線は全長660キロメートル。総工費は2730億バーツ(約1兆円)を超える規模とされている。

 中国政府系メディアである新華社傘下の経済参考報は5日付の記事で、タイが最終的に新幹線を選んだ理由を分析。中国の敗北には、政治的な要因が絡んでいるとの見解を示した。日本の政府要人の懸命な売り込みに加え、タイが日本から低利子(年利1.5%以下)借款を約束されたことが決め手となった――と解説。このほか、海外からタイへの投資のうち、日本が約6割を占めたことを挙げ、日本とタイの親密な関係も背景にあったと指摘した。

 一方、コストパフォーマンスでは中国が優位に立つと自負。また、中国と国境を接するタイにとって、今後の乗り入れなどを考えれば、中国の高速鉄道と規格が違う新幹線を選んだことは、長期的な国益に反すると断じた。

 次の競争の舞台はインドに移る。計画中の高速鉄道はムンバイとグジャラート州を結ぶ。中国と日本が受注合戦を繰り広げるなか、経済参考報は「日印、中印関係を踏まえると、またもや新幹線が選ばれるのではないか」と警戒感を露にした。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】太田国土交通相は27日、来日したタイのプラジン運輸相(前タイ空軍司令官)と、鉄道分野に関する協力覚書に署名した。

タイ首相、安倍首相と会談 東海道に続き東北新幹線試乗newsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相は13―14日、第3回国連防災世界会議に出席するため、日本を訪れ、14日、仙台で安倍首相、パン・ギムン(潘基文)国連事務総長と会談した。

タイ首相、東京―新大阪間で新幹線試乗newsclip

【タイ】タイのプラユット首相夫妻一行は10日、東京駅から新大阪駅まで新幹線に試乗した。のぞみ221号のグリーン車に乗車。

ラオス国境からタイ湾へ 中国政府、タイで鉄道建設newsclip

【タイ】タイ政府と中国政府は19日、ラオス国境のタイ東北部ノンカイ県とタイ湾に面したタイ東部ラヨン県マプタプット港を結ぶ標準軌の複線線路を両国が共同で開発することをうたった了解覚書にバンコクで調印...



新着PR情報