RSS

中国:海外逃亡犯の逮捕作戦「キツネ狩り」、過去2カ月で214人拘束

2015年6月11日(木) 00時49分(タイ時間)
【中国】中国公安部が今年4月に着手した海外逃亡犯を逮捕する「キツネ狩り2015」作戦が一定の成果を挙げている。

 15年5月31日までに、すでに214人の身柄を拘束した。いずれも汚職官僚や重大な経済犯罪の容疑者。うち直接の逮捕者が136人(引き渡しが3人)、説得に応じて帰国した容疑者が78人となっている。汚職案件の容疑者は27人を数える。政府系メディアが10日付で伝えた。

 昨年の「キツネ狩り2014」では合計680人の身柄を拘束した。前年の4.5倍に増加している。

 中国共産党・中央紀律検査委員会(中紀委)が10年に公表した資料によれば、過去30年間で国外に逃亡(出国)した汚職官僚(共産党高級幹部、公安・司法関係者、国有企業の経営幹部・海外駐在員など)は約4000人に上る。持ち出された不正資金は500億米ドル(約6兆1503億円)。中国社会科学院がまとめたレポートではさらにその数が膨らむ。90年代中期から08年までに、国外に逃亡(出国)した汚職官僚は総勢1万8000人。持ち出された不正資金は8000億人民元(約15兆8492億円)に上り、中紀委のデータを大幅に上回っている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

前首相の国外渡航禁止、タイで汚職裁判始まるnewsclip

【タイ】タクシン元首相の妹のインラク前首相が、事実上のコメ買い取り制度「コメ担保融資制度」をめぐる汚職と巨額の損失を放置したとして、職務怠慢と権力乱用に問われた裁判が19日、タイ最高裁政治家刑事犯...

【中国】中国のエネルギー業界に汚職が広く蔓延している実態が明らかになった。

元タイ商務相らの弾劾可決、参政権5年間停止 コメ買い取り制度めぐる汚職でnewsclip

元タイ商務相らの弾劾可決、参政権5年間停止 コメ買い取りめぐる汚職で

【中国】第一汽車集団の徐建一・董事長(62歳、党委員会書記を兼任)が中国共産党・中央紀律検査委員会(中紀委)に身柄拘束され、取り調べを受けている。中紀委がオフィシャルサイトで15日に公表した。

「汚職校長を解任せよ」 小中学生2800人が抗議集会 バンコク郊外newsclip

【タイ】3日正午ごろ、バンコク郊外のサムットプラカン市の公立小中学校で、生徒約2800人が女性校長の解任を求める抗議集会を開いた。

【中国】胡錦濤・前国家主席の側近で汚職容疑で失脚した令計画・共産党統一戦線工作部長(全国政治協商会議副主席と兼任)とその家族による腐敗の内幕が徐々に暴かれつつあるようだ。



新着PR情報