RSS

スズキ、マレーシア・プロトンにKD部品供給

2015年6月15日(月) 23時26分(タイ時間)
【マレーシア】スズキは15日、マレーシアの国民車メーカー、プロトンと協業の覚書と技術援助契約を締結したと発表した。

 スズキ車のノックダウン(KD)部品をプロトンに供給、現地で組み立て、プロトンブランドでマレーシア国内で販売する。将来的にはスズキのエンジン・トランスミッションをプロトンの独自開発モデルに搭載することも検討する。

 第一弾として、スズキの小型乗用車1車種のKD部品をプロトンに供給し、2016年夏ごろから、プロトンのタンジュンマリム工場で生産、販売する。

 今回の合意について、スズキの鈴木修会長兼社長は「従来スズキは、マレーシアでスズキブランドで独自に販売を行っていた。プロトンと協業することで、マレーシア市場で、総合的に両社の相乗効果を発揮していきたい」と語った。

 プロトンは1983年設立。2014年の販売台数は約11万6000台で、マレーシア市場シェア約17%。
《newsclip》

注目ニュース

スズキ、タイで乗用車「シアズ」生産販売newsclip

【タイ】スズキは6月から、タイ東部のラヨン工場で乗用車「シアズ」(排気量1・25リットル)を生産し、タイ国内で順次販売する。

スズキのタイ工場、「セレリオ」の欧州向け輸出開始newsclip

【タイ】スズキはタイ東部ラヨン県の工場で生産する新型の小型乗用車「セレリオ」のヨーロッパへの輸出を開始し、9月30日、タイ東部チョンブリ県のレムチャバン港で記念式典を行った。

スズキ、タイで新型乗用車「セレリオ」生産販売newsclip

【タイ】スズキは5月29日、新型の小型乗用車「セレリオ」をタイで発表した。

【マレーシア】マレーシアの国産車メーカー、プロトン・ホールディングスは21日、同国のマハティール元首相が16日付で会長に就任したと発表した。



新着PR情報