RSS

カラオケ店の高額請求拒否 豪父子袋叩き タイ北部チェンマイ

2015年6月19日(金) 00時18分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、16日早朝、タイ北部チェンマイ市の路上で、オーストラリア人の父子(60、17)が暴行を受け、顔、胸などに大けがを負った。

 この事件で、チェンマイ県警は17日、オート3輪タクシー(トゥクトゥク)運転手らタイ人男2人と少年1人を傷害などの容疑で逮捕した。

 調べによると、被害者の父子は16日未明、市内のカラオケ店に入店し、ホステス5人とビール13本を飲み、1万3000バーツを請求された。父子が支払いを拒否したところ、容疑者から殴るけるの暴行を受けた。父子は現場近くの寺に逃げ込み、僧侶に保護された。

 チェンマイ市内のカラオケ店では外国人のぼったくり被害が度々発生している。今年1月にはマレーシア人8人のグループが飲酒代、サービス料などとして11万4000バーツを請求され、警察沙汰になった。

 チェンマイ県庁によると、2013―2014年に多額の料金を請求されたとして利用客が被害届を出したチェンマイ市内のカラオケ店はチャーンクラーン通りの「ピンクレディー」、「I IE KARAOKE」、マヒドン通りの「Violin Club」など7店。
《newsclip》

注目ニュース

女性同伴でカラオケ店を出ると… 日本人狙ったひったくり頻発、バンコク・スクムビット地区newsclip

【タイ】在留邦人や日本人旅行者が集中するバンコクのスクムビット地区で最近、日本人を狙ったひったくりが頻発している。週末は日本人の被害だけで10件近く起きており、注意が必要だ。

マレーシア人8人に11・4万バーツ請求、チェンマイのカラオケ店に営業停止命令newsclip

【タイ】タイ北部チェンマイ市のカラオケ店が客のマレーシア人に多額の「料金」を支払わせたことが明らかになり、当局が取り締まりに動き出した。

ラオス少女ら女性72人保護 タイ中部のカラオケ店で売春強要かnewsclip

【タイ】15日未明、タイ中部スパンブリ県のカラオケ店4店をタイ当局が捜索し、14―20歳のラオス人女性67人とタイ人女性5人を保護し、店主のタイ人男4人を売春あっ旋容疑で逮捕した。人身売買の疑いもあ...

【中国】河南省の鶴壁市で、送電会社の所長が部下数人とカラオケ店で酒を飲んだのち、店側とトラブルを起こし、その腹いせに会社の送電供給スイッチを切って市内を停電させるという事件が起きた。

【ベトナム】ベトナム北部クアンニン省のカラオケ店で今月9日、店内が酸欠状態に陥り、6人が窒息死しているのが見つかった。その後、病院に収容された4人も死亡し、死者数は10人となった。トイチェー(電子...



新着PR情報