RSS

中国:広東省麻薬犯罪グループ「後ろ盾」、公安局元局長ら58人摘発

2015年6月19日(金) 12時07分(タイ時間)
【中国】広東省公安当局が2013年7月から実施した大規模な「麻薬撲滅作戦」で、麻薬犯罪グループの「後ろ盾」となっていた当局幹部ら58人が一斉摘発されていた事実が分かった。

 うち1人は、広東省汕尾市公安部副局長、陸豊市公安局局長まで務めていた人物。すでに起訴され、司法手続きに入ったという。中国政府系メディアなどが17日付で伝えた。

 検察当局の調べによれば、陸豊市公安局の陳宇ケン(金へんに堅)・元局長は、麻薬撲滅作戦で逮捕されていた麻薬密売人の保釈に関与。公安局局長という地位を悪用し、密売組織の主犯格2人の保釈を許可し、見返りに巨額の賄賂を受け取った。保釈後に2人はそろって逃走。陳氏は職権乱用、収賄などの罪に問われた。

 広東省公安当局は麻薬撲滅作戦を実行。メタンフェタミン(覚せい剤の1種)、ケタミン (麻薬の1種)の製造・密売が横行している陸豊や恵州市恵東県を中心に、犯罪組織や犯罪拠点の取り締まりを強化した。2014年の通年では、3万857件の麻薬犯罪案を摘発。逮捕された麻薬犯罪容疑者は3万4259人、押収された薬物は21万9000トンに上る。延べ17万7877人の薬物使用者を検挙した。

 14年以降は、犯罪グループの「後ろ盾」にも捜査の手が及んだとされる。複数の国内メディアは今年3月の時点で、元局長の陳氏は「重大な紀律違反」で立件されたと報じていた。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

タイ当局、麻薬原料16トンを焼却処分newsclip

【タイ】タイ麻薬取締委員会は11日、麻薬の原料となるイソサフロールとサフロール計16・2トンを中部サムットプラカン県の施設で焼却処分した。

【中国】広東省に隣接する福建省で、麻薬汚染が深刻な状態となっていることがわかった。

【中国】南方の国境地帯から国内への麻薬密輸事件があと絶たない中国で、このほど麻薬をカプセルにしたものを飲み込んで持ち込もうとした男が、鉄道警察官によって検挙された。

タイ人麻薬容疑者が取り調べ中に「首つり」、検死でろっ骨4本骨折判明newsclip

【タイ】麻薬容疑で逮捕されたタイ人男性(33)が変死した事件で、ジャカティップ警察副長官は3月30日、検死の結果、死因は窒息で、ろっ骨4本が折れていたことを明らかにした。男性の遺族は、男性が警官に...

タイ北部で警官夫婦逮捕、麻薬取引おとり捜査でnewsclip

【タイ】タイ警察は15日、麻薬取引のおとり捜査で、北部ナーン県の警察署に勤務する警察上級曹長(46)とその妻(44)を逮捕し、覚醒剤1882錠を押収した。

警官皆殺し予告のタイ麻薬容疑者、ミャンマー国境近くで逮捕newsclip

【タイ】タイ警察は11日、バンコクの警察本部で記者会見し、麻薬取締法違反などの容疑で指名手配していたタイ人男のアディサク・シーサアート(通称ベンツターサーイ)容疑者(26)をタイ西部カンジャナブリ...

警察とカーチェイス銃撃戦、麻薬容疑者2人死傷 タイ東部チョンブリnewsclip

【タイ】3日夜、タイ東部チョンブリ県サタヒープ郡のスクムビット通りで、警官が麻薬容疑者と銃を撃ち合い、容疑者の男(23)が死亡、もう1人の容疑者の男(22)が重傷を負った。



新着PR情報