RSS

中国:就職のため? 大学生が夏休みを利用して美容整形

2015年6月23日(火) 12時44分(タイ時間)
【中国】9月に新学期が始まる中国で、7月から8月にかけての長い夏休みが毎年、大学生の美容整形ピーク期となっていることがわかった。

 毎年5月は、美容整形外科を訪れる患者の35%以上が18~23歳の若者となり、7月はその割合が40%を超えるという。羊城晩報が17日付けで伝えた。

 学生のこうした風潮に対しては賛否両論が出ている。「『容姿の時代』には、就職や結婚などあらゆる場面で、とりわけ外見が重視される」として、美容整形を容認する賛成意見に対し、「美しさは内面と外見の両方で作られる」として、安易に美容整形を受ける行為に警鐘を鳴らす反対意見もある。

 すでに3社から内定を得ている学生は、「的確な美容整形は、容姿を整え、性格も変え、就職活動で競争力を高める武器となる。ただし、費用とリスクをわかった上で信頼できる執刀医を選ぶのでなければ、他人には勧めない」と語った。

 一方、公務員として働く男性は、「仕事や結婚は持久戦。いかに第一印象が良くても、最後は実力がものをいう。就職のための美容整形など割に合わない」と、意見を述べる。対して今年卒業の女子大生は、「出場権を得られる競争力がなければ、持久戦に持ちこむことすらできない」と、答えている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【韓国】外国人客の美容整形を巡るトラブルが多発するなか、韓国当局が対策防止に乗り出している。

【中国】美容整形手術を受けるために韓国を訪れた中国人は、2013年の統計で5万6000人に達した。韓国が同年に受け入れた全医療観光客の26.5%を占め、国別の旅客数で首位となっている。

【中国】中国整形美容協会はこのほど、韓国で整形手術を受け、失敗した中国人女性の案件を取り上げる報告会を開いた。

【中国】山東省済南市で、「もぐり」の医師による二重切開手術や鼻ヒアルロン酸注入、ボトックス注射などのプチ整形手術が横行し、容貌を損なわれるといったトラブルが増えている。現場を直接取材した斉魯網の記...

特集



新着PR情報