RSS

中国:海外逃亡犯の逮捕作戦「キツネ狩り」、インドネシアで6人逮捕

2015年6月24日(水) 11時29分(タイ時間)
【中国】海外逃亡犯を逮捕する「キツネ狩り2015」作戦で、中国公安部が過去1カ月間に、インドネシアで経済犯罪の容疑者6人の身柄を拘束したことが分かった。併せて、総額3000万人民元相当(約5億9675万円)不正資金・財物を回収した。

 逮捕された6人は6月21日までに、現地から公安職員に護送されて帰国。うち3人に対しては、インターポール(ICPO:国際刑事警察)がレッドノーティス(※国際逮捕状)を発行していた。北京晨報が21日付で伝えた。

 国外逃亡犯の潜伏先を絞り込み、公安部は今年5月にインドネシアに捜査逮捕チームを派遣。中国当局が同国に捜査員を派遣するのは今回が初めて。

 中国駐インドネシア大使館、インドネシア警察当局の協力を得てジャカルタ、西カリマンタン州、北スマトラ州などで被疑者を逮捕した。なかには5~8年も逃亡生活を送っていた容疑者もいるという。

 公安部の責任者によれば、今年4月に着手した「キツネ狩り2015」作戦で、これまでに256人を逮捕(イタリア、ギリシャ、ブルガリアからの引き渡しが3人)。潜伏先は30カ国・地域を超えている。今後は新たな逮捕戦術を打ち出し、国際的な協力ルートを開拓して、一斉検挙に注力する構えだ。

 一方、昨年の「キツネ狩り2014」では合計680人の身柄を拘束した。その数は前年の4.5倍に増加している。

 ※レッドノーティスとはICPOが加盟国の申請を受けて発行する通知。その国で逮捕状が出ている被疑者を特定・発見した場合、手配元の国に引き渡すよう各国に要請するもの。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】李鵬元首相の子女で、電力業界の女王と呼ばれる李小琳・前中国電力投資集団副総経理(54)が9日、同社の香港上場の香港法人、中電国際の会議に出席するため北京首都国際空港に向かったところ、係官から出...

【中国】中国のエネルギー業界に汚職が広く蔓延している実態が明らかになった。

元タイ商務相らの弾劾可決、参政権5年間停止 コメ買い取り制度めぐる汚職でnewsclip

元タイ商務相らの弾劾可決、参政権5年間停止 コメ買い取りめぐる汚職で

「汚職校長を解任せよ」 小中学生2800人が抗議集会 バンコク郊外newsclip

【タイ】3日正午ごろ、バンコク郊外のサムットプラカン市の公立小中学校で、生徒約2800人が女性校長の解任を求める抗議集会を開いた。



新着PR情報