RSS

DKSH、東南アジアでオムロンヘルスケアと業務提携

2015年6月25日(木) 22時38分(タイ時間)
【東南アジア】スイスを拠点とする商社DKSHは25日、日本の大手健康医療機器メーカー、オムロンヘルスケアとの業務提携を拡大し、マレーシア、タイ、ベトナムで包括的な流通サービスを提供することで合意したと発表した。

 オムロンヘルスケアの血圧計、吸入器、活動量計などを、マレーシアとタイの薬局などに提供するほか、すでに業務提携しているベトナムでは対応地域を拡大する。

 DKSHは2013年から、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムで、オムロンヘルスケア製品のマーケティング、販売、物流、信用取引、代金回収を行っている。
《newsclip》

注目ニュース

ミャンマー難民らに無料で医療 日本政府、タイ北部のクリニックに300万バーツ無償支援newsclip

【タイ】日本政府はミャンマー国境のタイ北部ターク県メーソート市の医療施設「メータオ・クリニック」に対し、中央滅菌室や薬剤保管庫を含む診療補助施設の建設と車両の整備費用として、計299・5万バーツを...

【ベトナム】テクノプロジェクト(島根県松江市)は19日、島根県の医療機関で利用されている地域医療情報ネットワークシステム「まめネット」のベトナム語版をベトナム北部のゲアン省に導入し、現地適合性検証...

タイと日本を結ぶ医療活動 バンコク病院と名古屋大学が連携newsclip

【タイ】バンコク病院などタイ国内外34病院を運営するタイ私立病院最大手バンコク・ドゥシット・メディカル・サービシーズ(BDMS)と名古屋大学が、タイと日本を結ぶ医療活動で連携する。

【マレーシア】ニプロはクアラルンプールに医療機器などの販売会社「ニプロマレーシア」を設立し、1日に営業を開始した。主力の透析関連商品に加え、ホスピタル関連商品、循環器病関連商品、糖尿病関連商品など...

特集



新着PR情報