RSS

タイ、アジア投資銀設立協定に署名せず 「国内手続きまだ」

2015年6月30日(火) 02時36分(タイ時間)
ランサン財務次官(左手前)の画像
ランサン財務次官(左手前)
写真提供、タイ財務省
署名式典の様子の画像
署名式典の様子
写真提供、タイ財務省
署名式典の様子の画像
署名式典の様子
写真提供、タイ財務省
署名式典の様子の画像
署名式典の様子
写真提供、タイ財務省
署名式典の様子の画像
署名式典の様子
写真提供、タイ財務省
【中国、タイ】中国が設立を主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の枠組みを定めた設立協定の署名式典が29日、北京で開催され、参加を表明している57カ国のうち50カ国が署名した。

 フィリピン、タイなど7カ国は国内手続きが完了していないなどの理由で調印しなかった。

 式典に出席したタイのランサン財務事務次官は署名を見送った理由について、「内閣と立法議会(タイ軍事政権が設置した非民選の暫定国会)の承認を得て、法整備をする必要がある」と説明。財務省が法案をまとめており、年内には署名できるという見通しを示した。

 昨年5月のクーデターで発足したタイ軍政は欧米との関係が冷却化する中、中国への傾斜を強め、昨年7月にAIIBへの参加を中国に伝えていた。
《newsclip》

特集



新着PR情報