RSS

積水化学、タイのCPVC樹脂工場稼働

2015年6月30日(火) 17時52分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、積水化学工業
 の画像
 
写真提供、積水化学工業
 の画像
 
写真提供、積水化学工業
【タイ】積水化学工業は30日、タイ東部ラヨン県のヘマラートイースタン工業団地に建設した塩素化塩化ビニル(CPVC)樹脂工場とCPVCコンパウンド(管材などの成形加工に必要な添加剤をCPVC樹脂に混練したもの)工場が完成し、本格稼働を開始したと発表した。

 CPVC樹脂工場は積水化学が51%、米ルーブリゾール社が49%出資する合弁。年産能力は現在3万トンで、2016年に4万トンに引き上げる予定。

 CPVCコンパウンド工場は年産能力2・4万トン。

 CPVC樹脂は塩素を付加した特殊な塩化ビニル(PVC)樹脂で、耐熱性が必要とされる給湯用・工業用・スプリンクラー用の配管材などの原料として用いられる。近年、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)、中東などで、住宅や工場で使用される配管材が金属系からCPVC製に代わりつつあり、需要が毎年拡大している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】積水樹脂はタイ子会社セキスイ・ジュシ(タイランド)の工場(タイ東部チョンブリ県アマタナコン工業団地)敷地内にアルミ樹脂積層複合板の工場を建設する。建設費用は約5億6000万円で、2014年...

【ベトナム】積水化学工業は2015年1月に、ベトナムのハノイに水インフラ関連製品を販売する全額出資子会社「セキスイ・ベトナム・パイプ・ソルーションズ」(資本金75万ドル)を設立する。

【タイ】積水化学工業はタイに塩素化塩化ビニル(CPVC)コンパウンドの生産販売会社「SEKISUI SPECIALTY CHEMICALS (THAILAND)」(資本金8億バーツ)を設立し、2015年1月から生産を始める。年産能力は...

【タイ】積水化学工業は6日、50億円を投じタイに建設したユニット住宅工場の竣工式を行った。工場はタイ中部サラブリ県に立地し、敷地面積15万平方メートル、従業員140人。年産能力1000棟で、201...

特集



新着PR情報