RSS

中国:雲南省で変種HIVウイルス出現、越境感染で遺伝子複雑化

2015年7月1日(水) 13時50分(タイ時間)
【中国】中国とミャンマーの国境を往来するトラックの運転手から、世界で最も複雑な遺伝子配列をもつHIV(ヒト免疫不全ウイルス)ウイルスが発見された。中国科学院・昆明動物研究所の周衍衡博士が報告している。澎湃新聞が伝えた。

 周博士は「中国、ミャンマー国境でHIVウイルスの組み換えが頻繁に起きていることを示す。さらに複雑なウイルスが出現する可能性もある」と懸念している。運転手の体内からは、複数タイプのウイルスが同時に見つかった。現地での流行の深刻さを示唆しているという。

 ただ、遺伝子配列の構造が複雑だからといって感染力が強いとは限らないと指摘。新発見のウイルスについても、感染力の強弱はまだ判明していないと補足した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】タイ保健省によると、2014年にタイ国内で新たにエイズウイルス(HIV)感染が確認された人は7324人で、このうち47%が男性同性愛者とニューハーフだった。

【中国】手術時の輸血によりHIV(ヒト免疫不全ウィルス)に感染した5歳の少女、毛毛(マオマオ)の家族が、献血センターと執刀病院を相手に行ってきた賠償責任に関する協議が25日、合意に達した。

【中国】四川省のある村で、村民203人がHIVウイルスに母子感染した8歳の男児(坤坤くん)を村から追放しようと署名をしていたことがわかった。

【中国】北京市のHIV感染者とエイズ患者(患者含む)が合わせて1万7000人を超えた。

特集



新着PR情報