RSS

トヨタの6月新車販売42%増を記録、3カ月連続で増加

2015年7月3日(金) 13時02分(タイ時間)
【中国】トヨタ自動車(7203/東証)の中国販売が好調だ。1日に発表された関連データによると、トヨタによる中国の6月・新車販売(小売ベース)は、前年同月比41.7%増の10万600台に拡大した。

 前年同月を上回るのは3カ月連続。同3カ月の中で最大の伸びを記録している。1~6月の中国累計販売も、前年同期比10.1%増の51万2800台と好調に推移。半年が経過し、年間目標の達成率は46.6%に上昇した。下半期はさらに販売を積み上げる構えだ。

 車種別では、第一汽車集団との合弁、一汽豊田で生産・販売する主力モデル「カローラ」が依然として快調。6月の販売は2万5000台を突破し、トヨタブラントの中で断トツ首位を維持した。「カローラ」の中国販売は、3月が前年同月比30%増の1万5000台、4月が同80%増の2万2000台、5月が2万台超で推移している。

 6月の販売第2位は小型車「ヴィオス」で1万2000台。3位は小型セダン「レビン」で1万台と続いた。

 中国で人気が高まる多目的スポーツ車(SUV)の分野では、広州汽車との合弁、広汽豊田が3月に発売した新型「ハイランダー」が躍進。5月、6月ともに9000台超を売って、同クラスSUVをリードする構図を維持している。

 今後も新モデルの投入を計画。下半期は一汽豊田から2.0リッターターボの「クラウン」低価格モデルと、「カローラ」ハイブリッドモデルの発売を予定している。2.7リッター版の「プラド」も市場投入する計画だ。

 向こう5年内に一汽豊田は、フルモデルチェンジ車9モデル、マイナーチェンジ車8モデルを発売予定。取扱車種を現在比82%増の20モデル超へと拡充する計画を掲げた。

 トヨタの中国販売は、3月が前年同期比20.9%増の7万1500台、4月が7.8%増の9万2600台、5月が13.3%増の9万1900台。

 2015年通年の中国販売について、トヨタは前年比6.8%増の110万台を目標に掲げる。14年の実績は、前年比12.5%増の103万2400台。初の100万台超えを達成した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

新型「ハイラックス」 タイ工場からの輸出開始newsclip

【タイ】トヨタ自動車はタイ工場で生産する小型ピックアップトラックの新型「ハイラックス」の輸出開始を記念し、2日、タイ東部チョンブリ県のレムチャバン港で式典を行った。

トヨタ、タイで新型「ハイラックス」発売 200万円からnewsclip

【タイ】トヨタ自動車は21日、小型ピックアップトラックの新型「ハイラックス」をタイで発売した。希望小売価格は56・9万バーツ(約206万円)から。月販1万4000台を目指す。

【タイ】タイ財務省関税局は24日、トヨタ自動車のタイ法人に総額116・7億バーツ(約426億円)、いすゞ自動車のタイ法人に18億バーツ(約66億円)の未払い税金の支払いを命じたことを明らかにした。

トヨタ、タイで「カムリ」新モデルnewsclip

【タイ】トヨタ自動車はタイで乗用車「カムリ」の新モデルを発売する。

特集



新着PR情報