RSS

ホンダ中国販売は6月として過去最多7.3万台、小型SUV好調

2015年7月5日(日) 16時51分(タイ時間)
【中国】ホンダ(7267/東証)による今年6月の中国新車販売(小売ベース、輸入車を含まず)は、前年同月比26.1%増の7万3381台を記録した。伸びは前月の32.3%を6.2ポイント下回ったものの、6月としては過去の月次最多を更新している。

 「ヴェゼル」と「XR-V」の小型SUV(スポーツ多目的車)2モデルの販売好調が持続。全体をけん引している。一方、ミドルサイズのクロスオーバーSUV「CR-V」や中国専用モデルの小型セダン「クライダー」、アッパーミドルクラスセダンの「アコード」など従来主力モデルは依然として伸び悩んだ。

 中国で展開する合弁会社別では、広汽本田(広州汽車との合弁)が37.3%増の4万5153台に拡大。東風本田(東風汽車との合弁)も11.6%増の2万8228台に達し、2ケタ成長を実現した。同月の過去最多を更新している。

 このほか、東風本田がハイブリッド車「インサイト」1台を輸入した。これを合わせると、ホンダの6月中国販売は7万3382台(前年同期比↑26.0%)になる。前年同月の輸入台数は合計37台。内訳は、東風本田が「インサイト」13台、広州本田が「CR-Z」22台と「フィット」2台で、いずれもハイブリッド車だった。

 ホンダによる今年上半期(1~6月)の中国販売台数(輸入車を含まず)は、前年同期比30%増の46万901台に拡大した。内訳は、広汽本田が47.2%増の28万7751台、東風本田が9.7%増の17万3150台。

 またこの期の輸入車台数は17台。広州本田が「CR-Z」13台、東風本田が「インサイト」4台を輸入した。

 中国の販売実績について、ホンダは今年4月分から、これまでの出荷ベースから小売ベースへと算出方法を変更している。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】米調査会社JDパワーがまとめた2014年のタイの自動車初期品質調査(IQS)で、8部門中4部門でホンダが首位に立った。

ホンダ、タイで小型SUV「HR―V」発売newsclip

【タイ】ホンダは17日、小型SUV(スポーツ用多目的車)「HR―V」(日本名ヴェゼル)をタイで発売した。排気量1800ccで、タイ中部アユタヤ県のロジャナ工場で生産。今後12カ月で2万台の販売を目指...

ホンダ、タイで新型「CR―V」発売newsclip

【タイ】ホンダは24日、SUV(スポーツ用多目的車)の新型「CR―V」(排気量2000cc、2400cc)をタイで発売した。希望小売価格は120万―158万バーツ(約400万―527万円)。

ホンダ、タイでMUV「モビリオ」製造販売newsclip

【タイ】ホンダは12日、MUV(多目的車)の新型車「ホンダ・モビリオ」をタイで発売すると発表した。

特集



新着PR情報