RSS

反タイ軍政デモで逮捕の学生ら14人、8日までに釈放

2015年7月8日(水) 00時23分(タイ時間)
【タイ】タイ軍事政権に反対するデモを行い逮捕された学生ら14人について、タイ軍法会議は7日、警察による12日間のこう留期間延長請求を却下した。14人は8日までに釈放される見通し。ただ、今後、騒乱扇動罪などで起訴される可能性がある。

 14人は6月25日にバンコク都内の民主記念塔でデモを行い、翌26日に逮捕された。軍政は騒乱扇動罪などで軍法会議で裁判にかける方針を示していたが、欧州連合(EU)、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)東南アジア事務所が相次いで懸念を表明するなど、内外で釈放を求める声が強まっていた。

 タイ軍政のプラユット首相は14人の釈放について、「裁判所に目こぼししてもらったのだから、まだ(デモを)やるかどうかよく考えるべき」などと述べた。軍政幹部からは「外国の組織が学生らを焚きつけている」(タワチャイ陸軍大将)という陰謀説も飛び出した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ軍事政権が反軍政のデモを行った学生らを逮捕したことに対し、欧州連合(EU)と国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)東南アジア事務所が6月30日、相次いで懸念を表明した。

「この国に生まれ悲しい」 タイ軍政首相、メディアに恨み節newsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相は24日、バンコクで開いた記者会見で、メディアに対する不満を5分以上にわたり話し続け、最後は怒りを抑えきれないように声を荒らげた。

【タイ】バンコクのタイ外国人特派員クラブ(FCCT)で17日に開催される予定だった不敬罪に関する討論会がタイ軍事政権の圧力で中止された。FCCTが15日、明らかにした。

【タイ】プラユット首相(前タイ陸軍司令官)率いるタイ軍事政権・反タクシン元首相派が政権の長期化、民政移管の先送りを図る動きが表面化してきた。軍政の長期化は世論の一定の支持を得ているとみられ、民政復...

「記者殴りそう」 タイ軍政首相newsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相(前タイ陸軍司令官)が記者の質問に激怒して殴りそうになったというエピソードを話し、物議を醸している。

「態度矯正する」 タイ軍政、前政権幹部を軍基地に召喚newsclip

【タイ】タイ軍事政権が軍政に批判的な前政権幹部を相次いで軍基地に召喚した。「態度を矯正するため」(プラユット首相)で、批判を止めない場合は国外渡航を禁じ、銀行口座を凍結する方針だ。

特集



新着PR情報