RSS

中国:火災警報で海南航空機が引き返し、脱出時に数人負傷

2015年7月8日(水) 23時59分(タイ時間)
【中国】乗客145人を乗せた旅客機が火災警報で空港に引き返し、その過程で乗客数人が負傷した。

 海南航空「HU7244」(機種737-800)は、8日の午前9時35分に合肥空港を出発。広州に向かって飛行していたが、高度5100メートルまで上昇した時点で、貨物室の火災警報が点灯したという。複数の中国メディアが伝えた。

 速やかに元の空港に戻り、10時10分ごろに着陸。ただ、動揺した乗客数人が重い荷物を持ちながら、翼部分から飛び降りて脱出した。着地点に骨折した人もいたという。搬送先の合肥市第一人民医院で治療に入った。

 着陸後に火元は確認されていない。当局は警報が点灯した原因などを調べている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】24日、格安航空会社タイ・ライオン・エアのバンコク発タイ南部ハジャイ行きSL8542便ボーイング737―900型機の機内で、乗客のタイ人男(30)が飛行中にドアを開けようとし、たまたまこの機...

【タイ】1日、パリのシャルル・ド・ゴール空港で、駐機中のタイ国際航空TG931便バンコク行きエアバスA380型機に機内食を運搬するトラックが衝突し、翼に穴が空いた。タイ航空によると、同便の乗客は他...

【タイ】29日、タイ南部ハジャイ発バンコク(ドンムアン空港)行きのノックエアDD7105便ボーイング737―800型機(189席)がドアがロックできない故障で運休になった。乗客約170人は同日の別便...

【ミャンマー】13日未明、ミャンマーのヤンゴン空港で、ソウル行きの大韓航空KE472便エアバスA330―200型機が地上走行中、駐機中の別の旅客機に接触し、気付かずにそのまま離陸するトラブルがあった。

【中国】重慶江北国際空港で12日、搭乗客の男性が機体の非常口ドアを誤って開ける事件が発生した。乗務員によってその場で空港警察へ通報された男性は、取り調べを受けたのち、35万人民元(約659万3000円)の罰金...

特集



新着PR情報