RSS

電通、シンガポールの広告会社に出資

2015年7月9日(木) 00時02分(タイ時間)
【シンガポール】電通は8日、海外本社の電通イージス・ネットワークがシンガポールの広告会社マンガム・ギャクシオーラの株式20%を取得し、社名を「マンガムギャクシオーラ・マクギャリーボウエン」に変更すると発表した。

 将来的に完全子会社化するオプションを電通側が持つことで、同社株主と合意している。

 マンガム・ギャクシオーラは2012年設立。アジアを代表する業界誌「マーケティング・マガジン」が2014年に行った1000人以上のマーケッターに対する調査でシンガポールの「最も望ましい独立系クリエーティブエージェンシー」に選ばれた。2014年12月期収益約2億円。

 電通は市場としての東南アジアの重要性が高まる中、顧客がシンガポールを同地域のハブと位置づける傾向が強まってきたため、マンガム・ギャクシオーラへの出資を決めた。クリエーティブ領域のグローバルネットワーク・ブランドである「マクギャリーボウエン」を東南アジア地域で展開するため、マンガム・ギャクシオーラをマクギャリーボウエンのネットワークに組み込む。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】電通は3日、タイのインターネット広告会社フレックスメディアの株式51%を取得すると発表した。将来的に完全子会社化するオプションも持つ。

【タイ】米調査会社ニールセンがまとめた1月のタイ国内の総広告費(全て推定)は前年同月比16・5%増の95億2800万バーツだった。昨年から放送が始まったデジタルテレビに広告が流れ、アナログテレビ、...

バス・地下鉄広告のプランBメディア、タイ証取上場newsclip

【タイ】バンコクの路線バスや地下鉄の車体・車内広告、高架道路沿いの野外広告、ショッピングセンターの店内広告などを手がけるプランBメディアが17日、タイ証券取引所(SET)に上場した。

【タイ】インターネット広告のマイクロアド(東京都渋谷区)は12日、タイに現地法人「マイクロアド(タイランド)」(資本金300万バーツ)を設立し、タイでオンライン広告プラットフォーム事業を開始すると...

【タイ】米調査会社ニールセンがまとめた2014年のタイ国内の総広告費(全て推定)は前年比9・5%減の1023・5億バーツだった。



新着PR情報