RSS

集団スリ、交通事故 在タイ日本大使館が注意呼びかけ

2015年7月14日(火) 13時51分(タイ時間)
【タイ】4―6月に在タイ日本大使館に届け出があった日本人の犯罪被害は46件だった。バンコク都内を中心に、スリ、置き引き、ひったくりなどが発生している。

 南部のビーチリゾートでは、邦人旅行者が被害者となる「集団スリ事件」が起きた。夜間、被害者がビーチを散策中、外国籍の男性(スペイン国籍を自称)と親しくなり、さらに、その知人と称する複数の者(実際はスリグループ)が現れ、しばらく会話をしていたところ、気がつくと取り囲まれ、所持品を奪われた。

 バンコク都内では、コンドミニアムやアパート室内に住人が不在中に何者かが侵入、または、郊外の住宅に住人が就寝中の深夜、犯人グループが侵入し、セーフティーボックス、現金、貴重品、電化製品などを盗む窃盗事件が発生した。

 日本人が巻き込まれる交通事故も起きている。

 バンコク都内では、横断歩道を歩いていた日本人が二輪車と接触して転倒、後続の乗用車にひかれ、重傷を負った。

 自動車で移動中、運転手が運転を誤り道路を外れて建物などに衝突し、後部座席の日本人が死亡する事故もあった。

 タイ南部のサムイ島では4月10日夜、ショッピングセンター(SC)「セントラルフェスティバル・サムイ」の地下駐車場で車に仕掛けられた爆弾が爆発し、タイ人6人とイタリア人少女の計7人が負傷する事件が起きた。

 タイ深南部(ヤラー県、パタニー県、ナラティワート県、ソンクラー県)ではマレー系イスラム武装勢力によるとみられる爆破、銃撃、放火などのテロが月平均約23件発生している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】在タイ日本大使館はゴールデンウィークの連休などでタイを訪れる日本人に対し、タイでの犯罪、トラブルを紹介し、注意を呼びかけた。

【タイ】1―3月に在タイ日本大使館に届け出があった日本人の犯罪被害は81件だった。バンコク都内を中心に、見せ金詐欺、 睡眠薬強盗、抱き付きスリなどが発生している。

【タイ】在タイ日本大使館は8日、タイに旅行・滞在する日本人に対し、女性へのわいせつ行為、旅券(パスポート)の紛失などへの注意を呼びかけた。

【タイ】在タイ日本大使館は20日、タイに旅行・滞在する日本人に対し、旅券(パスポート)の汚れや破損による入国拒否と、タイ警察による違法薬物のおとり捜査について、注意を呼びかけた。

【タイ】在タイ日本大使館は29日、タイ国内の日本人旅行者・在住者に対し、主に夕方から夜間にかけ、路上を歩行中、背後から2人組の乗車したバイクに荷物をひったくられる被害が発生しているとして、注意を呼...

【タイ】在タイ日本大使館は10日、宝石店、オーダースーツ店とのトラブルが起きているとして、日本人旅行者、在住者に注意した。

特集



新着PR情報