RSS

中国の離婚率が10年余りで3倍に急上昇、大都市では3割超も

2015年7月24日(金) 13時22分(タイ時間)
【中国】中国で離婚率が急上昇している。

 民生部がこのほど発表した資料によると2014年の全国の離婚件数は363万7000件と、前年比で3.9%増加した。人口1000人当たりの離婚件数を示す粗離婚率で見ると、02年の0.9から14年の2.7まで、3倍に増えている。政府系メディアが21日付で伝えた。

 年齢別で多いのが30~40歳で、全体の約7割超を占める。北京や天津などの大都市では、結婚したカップルの実に3割以上が離婚しているという。

 離婚が増えている要因としては、◆時代の変化とともに、離婚をタブーと考える人(特に女性)が少なくなってきた、◆関連法律の整備が進み、離婚による経済的損失が少なくなった、◆忍耐力が弱まり、些細な争いで離婚に走る“わがまま”な人が増えている、◆有名人などの離婚ニュースが普通に報じられている――ことなどが挙げられている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】離婚するカップルが中国で増加の一途をたどっている。

【中国】年平均40万組の夫婦が離婚する中国で、離婚原因の25%が家庭内暴力(DV)によるものであることが分かった。中国青年報が23日付で伝えている。

【中国】雲南省石林県の裁判所で、26日、1歳8カ月の1人娘を売却した罪で裁かれていた1組の元夫婦に判決が言いわたされた。

タイ人気女優が1年で離婚、家庭内暴力のうわさもnewsclip

【タイ】タイのテレビ報道によると、人気女優のティアン・アサワヘーム(通称、ジェニー)さん(32)が29日、離婚届を出した。ジェニーさんは近く米国に向かうもようだ。

特集



新着PR情報