RSS

アデランス、ラオス南部の自社工場稼働

2015年7月28日(火) 00時50分(タイ時間)
【ラオス】アデランスは27日、ラオス南部サワンナケートのサワン・セノ経済特区に約6億円を投じ建設したかつら工場が稼働を開始したと発表した。

 工場は床面積約6800平方メートルで、日本向けのオーダーメイド製品を一貫生産する。2017年末までに、欧州、北米向けのオーダーメイド製品と、レディメイド製品の生産も開始する予定だ。

 アデランスは2012年にラオスで委託生産を開始。タイやベトナムに比べ賃金が安い、手織りの伝統があり、優秀な人材を確保しやすいといった理由から、自社工場建設を決めた。今後、ラオスでの生産を拡大し、2017年末で、ビエンチャンの提携工場を含むラオス全体での雇用は3000人に達する見込み。
《newsclip》

注目ニュース

【カンボジア】アートネイチャー(東京都渋谷区)がカンボジアのプノンペン経済特区に建設した工場が完成し、5月25日、現地で開所式が行われた。

【タイ】アートネイチャー(東京都渋谷区)は6月中旬にタイにかつらなど毛髪関連製品の販売会社を設立する。新会社は「アートネイチャー・タイランド(仮称)」(資本金200万バーツ)。

【マレーシア】アートネイチャーはかつらなど毛髪関連製品を販売する全額出資子会社を11月下旬にマレーシアに設立する。新会社は「アートネイチャー・マレーシア」(資本金100万リンギ=約3400万円)。

【シンガポール】電気化学工業は4日、同社が開発したかつらやヘアピース用の塩化ビニール繊維「トヨカロン」のシンガポール工場が完成したと発表した。年産能力は1万トン。主要市場であるアフリカの需要拡大に...

特集



新着PR情報