RSS

中国:深セン航空機で男が放火、乗客ら緊急脱出

2015年7月28日(火) 11時57分(タイ時間)
【中国】中国民用航空局によると、26日未明、浙江省台州市発・広東省広州市行き深セン航空ZH9648便で着陸直前、中年の男が機内の設備に放火し、乗務員らに取り押さえられた。27日付新京報などが伝えた。

 同便は26日午前1時ごろ、広州白雲空港に着陸。乗客95人と乗組員9人がスライダーで緊急脱出した。その際、乗客2人が軽傷を負った。

 男は40~50歳。機体後方のエコノミークラスに座っていたが、着陸直前にファーストクラスのある機体前方へ移動。持っていた新聞にライターで火を付けた。まもなく、刃渡り約20センチの刃物を振り回しながら通路を歩き「動くな」などと叫んで乗客を脅したという。その後20分ほど騒動が続いたが、最終的には乗員と乗客が協力し、男を取り押さえた。

 航空専門家は「男はライター、刃物などを持っていた。台州空港の安全検査に重大な欠陥があった」と指摘している。事件は着陸直前の「魔の10分間」と呼ばれる時間帯に起きており、大惨事につながる恐れもあったという。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【ミャンマー】24日、ミャンマーの民間航空会社エアバガンのマンダレー発ヤンゴン行きW9424便ATR72型機がヤンゴン国際空港に着陸した際にスリップして滑走路を外れた。この事故で、乗客の僧侶1人が...

【中国】乗客145人を乗せた旅客機が火災警報で空港に引き返し、その過程で乗客数人が負傷した。

【タイ】24日、格安航空会社タイ・ライオン・エアのバンコク発タイ南部ハジャイ行きSL8542便ボーイング737―900型機の機内で、乗客のタイ人男(30)が飛行中にドアを開けようとし、たまたまこの機...

【タイ】タイのテレビ報道によると、24日午後1時ごろ、タイ東北部ナコンラチャシマ県のタイ空軍基地で、駐機場で停止していたタイ空軍のF16戦闘機が突然、地上走行を始めて草むらに突っ込み、機種が折れる...

特集



新着PR情報