RSS

静岡ガス、タイの発電会社に出資

2015年7月29日(水) 00時52分(タイ時間)
【タイ】静岡ガスは28日、新規設立した子会社を通じ、タイでIPP(卸発電)事業を行うイースタン・パワー・アンド・エレクトリック社(EPEC)の株式28%を丸紅から取得したと発表した。静岡ガスが海外事業に乗り出すのは初めて。

 将来の海外での事業展開を視野に、海外でのマネジメントや事業推進、発電事業のノウハウを得ることが狙い。現地でのネットワーク構築も目指す。

 EPECはタイ中部サムットプラカン県で出力350メガワットの天然ガス焚き火力発電所を運営し、電力をタイ発電公社(EGAT)に販売している。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】ミャンマーの電力会社アンダマン・パワー・アンド・ユーティリティは22日、同国南東部タニンダーリ管区カンボークで17日に天然ガス焚き火力発電所(6―20メガワット)の運転を開始したと発表...

【中国】電力インフラ建設の中国電力建設集団は8日、ケニア共和国で超臨界発電ユニットプロジェクトを受注したと発表した。

電源開発、アユタヤの大規模火力発電所稼働newsclip

【タイ】電源開発(Jパワー)は1日、同社が90%出資するタイの発電事業会社ガルフJP・UTが開発したタイ中部アユタヤ県のウタイガス火力発電所1号系列(出力800メガワット)が同日営業運転を開始した...

【ミャンマー】丸紅は28日、ミャンマー中心部ヤンゴン管区のガス焚き火力発電所計画の事業化調査を始めることでミャンマー電力省と合意し、覚書を締結したと発表した。

【タイ】東京電力は21日、液化天然ガス(LNG)の調達、輸送、供給、発電までのバリューチェーン事業に関する協働に向けた覚書をタイ発電公社(EGAT)と締結したと発表した。

小規模発電事業者向けに保守サービス 三興と日立、タイに合弁会社newsclip

【タイ】日立パワーソリューションズと三興は6月をめどに、タイに小規模発電事業者向けの保守サービスやコンサルティングを行う合弁会社を設立する。



新着PR情報