RSS

商船三井、バンコクにコンテナバージ専用ターミナル

2015年7月29日(水) 00時52分(タイ時間)
【タイ】商船三井は28日、タイのターミナル事業会社サハタイ・ターミナルと合弁で、コンテナバージ専用ターミナル運営会社バンコク・バージ・ターミナルをタイに設立したと発表した。

 バンコクのチャオプラヤ川沿いにコンテナバージ専用ターミナルを設け、2016年に開業する予定。

 バンコクは河川港で水深が浅いことから、コンテナ船の多くは約90キロ南に位置するレムチャバン港に寄港する。レムチャバン港とバンコク近郊を結ぶコンテナ輸送サービスはトラックや鉄道による陸路輸送とバージによる水路輸送があり、中でもバージ輸送は輸送容量が大きく、安全性が高いことから、近年需要が高まっている。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】商船三井は4日、同社が運航する自動車船「アストラルエース」が1日、南シナ海のマレー半島沖で、半ば沈没した漁船を発見し、乗組員のマレーシア人2人、インドネシア人3人を救助したと発表した。

【タイ】稲畑産業は6月30日、タイの連結子会社イナバタ・タイの棚卸資産を預託するバンコク東郊バンプー工業団地の倉庫で27日に起きた火事で、約19億円の損失を見込んでいると発表した。保険で補償され、...



新着PR情報