RSS

中国:9月3日軍事パレードの晴天確保へ、各製鉄所に減産指示

2015年7月29日(水) 00時53分(タイ時間)
【中国】9月3日に北京・天安門広場で行われる、抗日戦争・反ファシズム戦争勝利70週年記念大会と軍事パレードの際に晴天を確保するため、北京市政府はこのほど、大気汚染防止緊急対策を始動し、周辺各省の製鉄所に減産を命じた。香港・星島日報などが伝えた。

 北京市政府はこれまでに、河北省の邯鄲、唐山、河南省の安陽、遼寧省の鞍山、山西省の太原など北京周辺各省の製鉄所に対し、9月3日前後は、2014年に開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際と同等の大気汚染防止緊急対策を行うと通達した。通達によると、8月下旬から9月は3割の減産を各製鉄所に義務付ける。9月下旬から10月1日の国慶節連休中も、北京市から100キロ圏内は全面休業、200キロ以内は5割減産、200キロ以遠は3割減産をそれぞれ求める。

 中国の鉄鋼各社は巨額赤字を抱え、通達以前から生産縮小の動きが出ていた。証券アナリストは今回の減産指示について、「環境保全を目標に減産が始まれば、供給面の圧力が減り、鋼材が値上がりする」と述べ、歓迎している。

 北京市上空では、軍事パレードに向け空軍のヘリ部隊が演習を始めた。天安門周辺では建物の塗装し直しや、変電設備、郵便ポスト、電話ボックスの更新が行われるなど、軍事パレードに向けた準備が本格化している。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】安徽省合肥市の路上に10日、結婚パレードの絢爛豪華な車両行列が出現し、話題となっている。

特集



新着PR情報