RSS

中国で贈賄のミード・ジョンソンに罰金14.9億円=米SEC

2015年7月30日(木) 18時35分(タイ時間)
【中国】乳幼児向け食品大手の米ミード・ジョンソン・ニュートリション・グループに対し、米国の海外腐敗行為防止法に抵触したとして米国証券取引委員会(SEC)は28日、総額1203万米ドル(約14億9200万円)の罰金を科すと通知した。

 中国の現地法人社員を通じ、公立病院の医療関係者に贈賄。出産を控えた女性をはじめとする潜在顧客群に向け、自社粉ミルク製品を売り込むよう働きかけさせていた。

 ミード・ ジョンソンの世界売上高のうち、3分の1は中国となっている。調査の資料によると、ミード・ ジョンソン・ニュートリションの中国子会社は、2008~13年の間に207万米ドルを贈賄。商品を販売し、現地で777万米ドルの利益を上げていた。利益を没収するだけでなく、ルール違反金として300万米ドル、判決前の利息として126万米ドルを徴収。罰金総額を1203万米ドル(777万米ドル+300万米ドル+126万米ドル)と算出した。

 ACニールセンのデータによると、中国の14年の粉ミルク市場シェア1位は米ファイザー・ニュートリションだった。2位はミード・ジョンソン、3位は貝因美。中国メーカーではこのほか、伊利や合生元、雅士利などが上位10位にランクインした。粉ミルクメーカーの市場シェア10位のうち、13年に約46%だった外資メーカーが占める割合は、14年に41%まで縮小。一方、中国メーカーのシェアは13年の28%から14年には30%まで拡大した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】天津市の第一中級法院(裁判所)は11日、収賄罪に問われた周永康被告の第一審公判で、1億3000万人民元(約26億円)を受け取っていたとして、無期懲役の判決を言い渡した。

【中国】汚職収賄で失脚した元軍制服組トップの徐才厚氏(中央軍事委員会の前副主席)が15日、死亡したことが分かった。71歳だった。死因は膀胱がん末期の全身転移による多臓器不全とされる。

タイ王室が与えた姓剥奪 警察高官らの不敬罪・収賄疑惑でnewsclip

【タイ】タイのワチラロンコン皇太子の事務局は11月28日、内務省に対し、王室が与えた姓「アカラポンプリチャー」をはく奪するよう指示した。

特集



新着PR情報