RSS

電通、アジア22カ国・地域で五輪4大会放送権取得

2015年7月30日(木) 18時42分(タイ時間)
【アジア】電通は29日、2018年(韓国ピョンチャン)、2020年(東京)、2022年、2024年のオリンピックのアジア22カ国・地域でのテレビ、インターネットを含むすべてのメディアの放送権を国際オリンピック委員会(IOC)から取得したと発表した。

 同期間内に開催されるユースオリンピック競技大会の放送権も、取得権利の対象。

 電通は2013年に、2014年、2016年のオリンピックの同地域での放送権を取得済み。

 22カ国地域はアフガニスタン、ブルネイ、カンボジア、台湾、東ティモール、香港、インドネシア、イラン、カザフスタン、キルギス、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、パプアニューギニア、フィリピン、シンガポール、タジキスタン、トルクメニスタン、タイ、ウズベキスタン、ベトナム。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】電通は8日、海外本社の電通イージス・ネットワークがシンガポールの広告会社マンガム・ギャクシオーラの株式20%を取得し、社名を「マンガムギャクシオーラ・マクギャリーボウエン」に変更す...

【タイ】電通は3日、タイのインターネット広告会社フレックスメディアの株式51%を取得すると発表した。将来的に完全子会社化するオプションも持つ。

【ベトナム】電通は3日、ベトナムの総合デジタルエージェンシー、エメラルド・コンサルティングの株式40%を取得し、今後段階的に同社株を追加取得して過半数を取得するオプションを電通グループが持つことで...

【カンボジア】電通は11日、シンガポール子会社の電通スポーツアジアがカンボジアの有力サッカークラブ、プノンペン・クラウンFCと戦略的パートナーシップ契約を締結したと発表した。

【タイ、マレーシア】電通は31日、子会社の電通テックがプロモーション業務を行う現地法人をマレーシアとタイに設立したと発表した。

特集



新着PR情報