RSS

日通商事、タイ東部プラジンブリに物流センター

2015年8月2日(日) 16時27分(タイ時間)
【タイ】日通商事(東京都港区)はバンコク中心部から東へ約140キロ、レムチャバン港の東北約130キロのタイ東部プラジンブリ県ロジャナ・プラジンブリ工業団地に物流センターを建設する。2016年2月竣工の予定。

 名称は「プラチンブリ・ロジスティクス・サポートセンター」。約3ヘクタールの敷地に延床面積7450平方メートルの高床式建屋を設ける。

 建設地はベトナム、カンボジア、ミャンマーをつなぐ南部経済回廊上にあり、近隣には多くの日系自動車メーカー、半導体部品メーカーが進出している。

 日通商事は1996年にタイ中部アユタヤに現地法人を設立、梱包事業を開始し、以来、東部チョンブリ、レムチャバンをはじめとするタイ国内7地区に物流拠点を整備した。リース部門や南アジア地区営業開発部門の設置など、物流関連を中心に事業を拡大している。
《newsclip》

注目ニュース

物流会社WICE、タイ証取上場newsclip

【タイ】タイの物流会社WICEロジスティクスが28日、タイ証券取引所(SET)に上場した。

【タイ】郵船ロジスティクスは19日、タイ法人のユウセン・ロジスティクス(タイランド)とマツダロジスティクスの合弁会社マツダ・ロジスティクス&ユウセン(アジア)がタイで受注したマツダ向けの自動車用補...

【タイ】タイの工場・倉庫開発会社WHAコーポレーションは20日、タイ工業団地大手へマラート・ランド・アンド・ディベロップメントを買収したと発表した。

【ミャンマー】双日は4月13日、ミャンマーに設立する合弁会社がヤンゴン市内に3温度帯物流倉庫(常温、冷蔵、冷凍)を建設し、同国でコールドチェーン物流サービス事業を開始すると発表した。

【ベトナム】日本通運は10日、ベトナム北部バクニン省のティエンソン工業団地に物流センター「ティエンソン・ロジスティクス・センター」を開設したと発表した。

特集



新着PR情報