RSS

イスラエルでタイ大衆劇「リケー」公演、出稼ぎ労働者慰安で

2015年8月4日(火) 02時15分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ労働省
 の画像
 
写真提供、タイ労働省
 の画像
 
写真提供、タイ労働省
 の画像
 
写真提供、タイ労働省
【タイ】タイの大衆劇「リケー」の劇団が3―13日、イスラエルを訪れ、現地で公演を行う。8月12日のシリキット王妃誕生日を記念し、イスラエルで働くタイ人出稼ぎ労働者の慰安のため、タイ政府が派遣する。

 リケーは19世紀にマレーシアの北方で始まったジケーという民衆演劇がタイに輸入されたものとされる。王宮を模した舞台で派手な化粧の役者がダジャレを連発するスタイルで、笑いのつぼはタイだが、イスラムの雰囲気が漂う。

 タイ労働省によると、イスラエル国内のタイ人労働者は2014年時点で約2万8000人で、ほとんどが農場で働いている。
《newsclip》


新着PR情報