RSS

丸紅など ミャンマー国鉄に鉄道中央監視システムと保安機材

2015年8月4日(火) 02時15分(タイ時間)
【ミャンマー】丸紅は3日、三井物産、三井物産プラントシステムとのコンソーシアムがミャンマー国鉄から鉄道中央監視システムと保安機材を受注したと発表した。

 国際協力機構(JICA)の無償資金協力事業で、丸紅は京三製作所製の鉄道保安機材をヤンゴン中央駅とパズンダン駅に敷設する。2016年7月末納入完了の予定。

 ミャンマーでは鉄道の老朽化が進み、輸送サービスの質と安全性の向上が喫緊の課題となっている。日本政府はヤンゴン―マンダレー幹線、ヤンゴン環状線の近代化も支援する計画。
《newsclip》

注目ニュース

JR東、ミャンマーに中古車両19両譲渡newsclip

【ミャンマー】東日本旅客鉄道(JR東日本)は17日、ミャンマー鉄道公社に中古車両19両を譲渡すると発表した。

【ミャンマー】東海旅客鉄道(JR東海)は22日、新型気動車の導入に伴い、中古気動車56両をミャンマー鉄道省に譲渡すると発表した。

広島電鉄の中古路面電車、ミャンマーへnewsclip

【ミャンマー】広島電鉄は14日、廃車を予定していた中古路面電車を、食材、鉄道車両などを扱う貿易商社ウエストコーポレーション(東京都新宿区)に譲渡すると発表した。750形1両と3000形2編成で、ミ...

【ミャンマー】三菱商事と日立製作所は18日、ミャンマー国鉄に鉄道信号システムを納入すると発表した。国際協力機構(JICA)による無償資金協力事業で、契約額は約24億円。

【ミャンマー】JR東海は27日、今年度に廃車する予定だった普通気動車28両をミャンマー鉄道省に譲渡すると発表した。



新着PR情報