RSS

中国:車アフターサービス満足度、高級車部門で「アウディ」首位

2015年8月5日(水) 01時37分(タイ時間)
【中国】米調査会社J.D.パワーのアジア太平洋事業部門、J.D.アジア・パシフィックはこのほど、2015年版の「中国自動車アフターサービス満足度(SSI)」調査の結果を発表した。

 総合満足度(1000点満点)のトップは、ラグジュリーブランドで独アウディ(812ポイント)、量販ブランドで東風シトロエン(804ポイント)となっている。

 量販ブランドの2、3位は、北京現代(794ポイント)、東風プジョー(780ポイント)の順。量販ブランドでは、中国自主ブランドに対するサービス満足度が高まったことも特徴。東風風神(762ポイント)、奇瑞(746ポイント)、一汽轎車(740ポイント)がそれぞれ5位、6位、8位につけた。量販ブランドの満足度ランキングで、中国自主ブランド勢3ブランドが10位圏内に入るのは初めて。

 また同調査では、正規自動車ディーラー店で消費者が受けるアフターサービスに関して、平均支払額が減少した実態も示された。ラグジュアリーブランドで3480人民元(約6万9000円:前年比↓18.8%)、量販ブランドで1588人民元(↓8.9%)と、そろって12年以降の最低水準に下がっている。13年10月施行の自動車「三包」(修理、交換、返品責任)細則など自動車アフターサービスに関する管理強化策の効果が出たものとみられる。自動車ディーラーのアフターサービス価格に関して、「適正な水準にある」と回答した消費者は、12年の88%から今年は94%に上昇した。

 15年版の自動車アフターサービス満足度調査は、11年10月から14年5月に新車を購入した消費者1万7976人を対象に実施。過去6カ月間に自動車ディーラーで受けた修理やメンテナンスサービスの満足度を5つのファクターに基づいて点数化した。「サービスの質」(22%)、「納車」(20%)、「店舗施設」(20%)、「サービスコンサルティング」(19%)、「サービス対応の速さ」(19%)の各評価を基に総合満足度を算出している。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】米市場調査大手JDパワーがタイの自動車正規販売店のアフターサービス(整備、修理など)を調査した「2015年タイ自動車サービス満足度(CSI)」調査で、トヨタが1000点満点中873点を獲得...

【マレーシア】米市場調査大手JDパワーがマレーシアの自動車正規販売店のアフターサービス(整備、修理など)を調査した「2015年マレーシア自動車サービス満足度(CSI)」調査で、マツダが1000点満...



新着PR情報