RSS

空間情報のパスコ、ベトナムに現地法人

2015年8月5日(水) 01時37分(タイ時間)
【ベトナム】パスコ(東京都目黒区)は3日、空間情報にかかわるアプリケーションの開発、コンサルティング、道路維持管理業務サービス、衛星画像の分析とアプリケーションの提供などを手がける現地法人をハノイに設立したと発表した。

 新会社は「パスコ・GEO―スペイシャル・ベトナム」(資本金97億ドン)。ベトナムで、国土管理や行政業務の基礎となる空間データ基盤の整備、インフラの計画・整備・維持管理、土地利用や都市計画、環境モニタリングや災害対策などに取り組む。

 ベトナムは国土が南北に細長く、人口と農地が北部の紅河デルタと南部のメコンデルタに集中している。いずれも海抜数メートルの低地で、気候変動の影響を受けやすい。生育過程のモニタリングなどを利用した農産物の生産性向上や収穫量拡大、老朽化した道路インフラの改修も課題だ。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】インターネットを通じた介護・医療業界の人材紹介などを行うエス・エム・エス(東京都千代田区)はアジア各国のクリニックに対する情報システムの提供・経営支援事業を統括する子会社をシンガポ...

【アジア】日本の外務省は海外滞在中の日本人に対する緊急時の情報提供、安否確認のため、4月20日から、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)による一斉通報サービスを開始した。

【タイ】ウェブサイト構築、ソフト開発などを手がけるシーポイント(静岡県浜松市)のタイ法人で、タイ情報を発信するウェブメディアポータル「ナムジャイ」を運営するシーポイントタイランドは11日、日本とタ...

【ベトナム】テクノプロジェクト(島根県松江市)は19日、島根県の医療機関で利用されている地域医療情報ネットワークシステム「まめネット」のベトナム語版をベトナム北部のゲアン省に導入し、現地適合性検証...

特集



新着PR情報