RSS

デモ指導者が活動再開、タイ軍政首相「感謝」

2015年8月5日(水) 17時07分(タイ時間)
ステープ元副首相(2014年1月撮影)の画像
ステープ元副首相(2014年1月撮影)
写真、ニュースクリップ
プラユット首相の画像
プラユット首相
写真提供、タイ首相府
【タイ】2013年10月から2014年5月にかけてタクシン元首相派インラク政権打倒を目指すデモを指揮したステープ元副首相(元民主党幹事長)が財団を設立し、政治活動を事実上再開した。

 ステープ氏は2014年5月の軍事クーデターによるタクシン派政権崩壊を受け、同年7月に出家し、今年7月28日に還俗した。翌29日、元民主党幹部のデモ指導者らとバンコクで記者会見を開き、デモの際のスローガンである「選挙の前に改革を」を掲げて、どれだけ時間がかかろうと、「改革」が終了するまで、軍事政権が継続すべきだと訴えた。

 プラユット首相(前タイ陸軍司令官)率いる軍事政権はこれまで、軍政に反対する学生やタクシン派の政治家、人権活動家などの活動を徹底的に抑えこんできたが、ステープ氏らの記者会見は許可した。タクシン派は「二重基準だ」として反発を強めている。

 プラユット首相は今月4日、ステープ氏の活動再開について、「ステープさんは私を助けるわけではない。国家を助ける」「(ステープ氏が軍政を支持していることについて)感謝する」などと述べた。

 プラユット氏とステープ氏は旧知の仲。2010年にタクシン派市民が民主党政権打倒を掲げバンコク都心を占拠した際には、ステープ氏が治安担当の副首相、プラユット氏がタイ陸軍第1管区司令官として、軍によるデモ隊の強制排除を指揮した。

 2014年にはステープ氏率いる反タクシン派デモ隊がバンコク都心を占拠。クーデターを求めるステープ氏の呼びかけに応じる形で、当時陸軍司令官だったプラユット氏がタクシン派政権を打倒、全権を掌握した。

 ステープ氏はクーデター後、デモの最中にプラユット氏と無料通信アプリ「LINE(ライン)」で連絡を取り合い、クーデターの直前にプラユット氏が「ステープさんとデモ隊は疲れきっている。軍が仕事を引き継ぐ番だ」と連絡してきたと述べた。プラユット氏はステープ氏と連絡を取っていたことを否定している。


〈タイ政局の主な動き〉
■2001年
警察官僚から実業家を経て政界入りしたタクシン氏が率いる政党が議会下院選で勝利。タクシン氏が首相に。
■2005年
任期満了にともなう下院選でタクシン派政党が議席の75%を得て圧勝。タクシン首相が2期目。
■2006年
反タクシン派がバンコクで大規模なデモ。タクシン首相が下院を解散、総選挙に踏み切るが、民主党がボイコット。憲法裁判所が選挙無効の判決。9月に軍事クーデターが発生し、タクシン政権崩壊。
■2007年
軍事政権が民主主義を制限した新憲法を制定。民政移管のため実施された下院選で2代目タクシン派政党が勝利。タクシン派政権発足。
■2008年
反タクシン派デモ隊が首相府、スワンナプーム空港などを占拠。最高裁判所が選挙違反でタクシン派政党を解党し、政権崩壊。民主党を中心とするアピシット連立政権発足。
■2010年
バンコク都心を占拠したタクシン派デモ隊を軍が鎮圧。90人以上が死亡、約2000人が負傷。
■2011年
下院選で3代目タクシン派政党が勝利。タクシン氏の妹のインラク氏が首相に就任。
■2013年
インラク政権・与党がタクシン派と反タクシン派の政治抗争で投獄、訴追された人に包括的な恩赦を与える恩赦法案の成立を図る。10月、民主党が大規模な反政府デモ開始。12月、インラク首相が下院を解散。
■2014年
1月から反タクシン派デモ隊がバンコクの主要交差点を占拠。2月の議会下院選は民主党がボイコットした上、民主党系のデモ隊が投票を妨害し、3月に憲法裁が選挙無効の判決。5月7日、幹部官僚人事をめぐる職権乱用を理由に、憲法裁がインラク首相ら10閣僚を解任。5月20日、軍が戒厳令を布告し、実権を掌握。同22日、クーデターを宣言し、インラク政権崩壊。
《newsclip》

注目ニュース

タイ人京大准教授に不敬罪容疑 タイ軍政、日本に「理解」求めるnewsclip

【タイ】佐渡島志郎駐タイ日本大使は20日、パイブーン・クムチャーヤー法相兼タイ国軍最高司令部副司令官を表敬訪問し、着任のあいさつを行った。

【タイ】タイ軍事政権に反対するデモを行い逮捕された学生ら14人について、タイ軍法会議は7日、警察による12日間のこう留期間延長請求を却下した。14人は8日までに釈放される見通し。ただ、今後、騒乱扇...

「この国に生まれ悲しい」 タイ軍政首相、メディアに恨み節newsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相は24日、バンコクで開いた記者会見で、メディアに対する不満を5分以上にわたり話し続け、最後は怒りを抑えきれないように声を荒らげた。

【タイ】バンコクのタイ外国人特派員クラブ(FCCT)で17日に開催される予定だった不敬罪に関する討論会がタイ軍事政権の圧力で中止された。FCCTが15日、明らかにした。

【タイ】プラユット首相(前タイ陸軍司令官)率いるタイ軍事政権・反タクシン元首相派が政権の長期化、民政移管の先送りを図る動きが表面化してきた。軍政の長期化は世論の一定の支持を得ているとみられ、民政復...

タイ軍政 タクシン元首相のパスポート無効化、不敬罪で捜査newsclip

【タイ】タイ外務省は27日、タクシン元首相のパスポート2冊を26日付で無効化したと発表した。



新着PR情報