RSS

中国昇降機の安全問題に世界が関心、20台当たり1台に不具合

2015年8月6日(木) 02時00分(タイ時間)
【中国】中国昇降機の安全問題が世界的にクローズアップされている。稼働する20台のうち、1台に何らかの不具合、不良が存在するとされるため。事故につながる恐れもあり、速やかな改修が必要といえる。参考消息網が5日付で伝えた。

 当局の国家質量監督検験検疫総局(質検総局)の報告によると、中国全体の昇降機数は、足元で240万台を数える。うち11万台(5%)に潜在的な安全リスクが存在。そのうち2万6000台が補修されることなく、使われ続けている実態が判明したという。

 昇降機の検査、保守は通常、メーカー側が行なう。ただ、事故の危険を軽減するために、中央政府は各地方政府に対し、すべての昇降機の緊急点検を実施するよう求めた。今月10日までに、報告を上げるよう命じている。

 この背景には、昇降機に絡んだ事故の頻発がある。湖北省荊州市のショッピングモールでは7月26日、女性1人がエスカレーター事故で死亡した。現場は同市沙市区の安良百貨商場。6階から7階に上りきったところで、エスカレーター底部に隙間が広がった。3歳の息子を押し出して救った30歳の母親が犠牲となっている。監視カメラに収められたショッキングな映像は、“人食いエレベータ”のタイトルを付けられて流出した。YouTubeだけでも、すでに閲覧数が700万回を超えている。その後も、各地で事故が後を絶たない状況だ。

 質検総局によると、2014年は通年で49件の昇降機事故が報告されている。少なくとも37人が死亡した。

 荊州市で事故を起こしたエスカレーターを納入したメーカーは「申龍」。1992年に発足し、上場準備を進めていた申龍電梯股フン有限公司(江蘇省蘇州汾湖高新技術産業開発区)によって2014年7月1日に出荷された。今年3月16日には、湖北省の特殊設備検験検測研究院が安全調査で「合格」と判断したばかり。ただ、事故後の調査では、ステップ間の接続部に緩みがあると判断。「設計そのものに安全問題がある欠陥商品」と指摘された。間接的な事故原因にも言及。事故5分前から異常が発生していたにもかかわらず、担当者が緊急停止ボタンを押すことを怠っていたと報告された。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】22日未明、タイ南部プーケット島のパトンビーチのホテル「バーンパラダイスホテル」で、このホテルの4階に宿泊していたスイス人男性(54)が、3階付近で停止したエレベーターのかごとシャフトの間...

エレベーター落下し女性死亡 タイ西部の山寺newsclip

【タイ】11日朝、タイ西部ラチャブリ県の山寺で、荷物の上げ下ろし用のエレベーターがケーブルが切れて3階から落下し、エレベーターに乗っていた寺の雑用係のタイ人女性(28)が全身を強く打ち死亡した。

【中国】広東省広州市で2月に入り、エレベーターの故障や事故が頻発している。

【タイ】タイのテレビ報道によると、12日午後1時半ごろ、バンコク郊外のアパートで、このアパートの5階に住むタイ人女性(61)がエレベーターに体を挟まれ死亡、女性の孫娘(5)がけがをした。

【タイ】15日午後2時半ごろ、バンコク都内シーロム通りのオフィスビル、タニヤプラザで、エレベーターがG階から地下2階に落下する事故があった。エレベーターに乗っていた11人にけがはなかった。

【タイ】タイのテレビ報道によると、3日、バンコク都内バンスー区のショッピングセンター(SC)、ウォンサワン・タウンセンターで、1階と2階を結ぶエスカレーターの踏板が大きく傾き、両側の側板の金属板が...

【中国】湖北省荊州市のショッピングモールで26日午前10時10分ごろ、女性1人がエスカレーター事故で死亡した。

【中国】上海市の地下鉄静安寺駅で2日午前8時20分ごろ、エスカレーターが逆走し12人が負傷する事故があった。エスカレーターは米オーチス社製。同社製の昇降機はこれまでにも度々、事故や故障が発生している。博...

特集



新着PR情報