RSS

【PR】アスプローバの「生産ラインの見える化」への道-044 「海外工場に最初に生産スケジューラを導入する日系企業」

2015年8月6日(木) 13時36分(タイ時間)
アスプローバの「生産ラインの見える化」への道-044の画像
アスプローバの「生産ラインの見える化」への道-044
 海外工場が増加する中、世界工場にERPや生産管理システムを共通して導入した後、生産スケジューラを海外工場に最初に導入する顧客が増加してきた。それら企業の特徴は、

1. 情報システムが導入に絡んでいる
2. 新工場・新ラインをターゲットに導入を計画している
3. 日本で検証を進めている

などである。これら企業は今後も増えていくと考えられるが、この場合の導入反対勢力は日本の生産管理もしくは現地の日本人生産管理者となる。

 既存の生産計画システムをかえたくない、もしくは変えるとすると現地の事情を知るがゆえに、無理と考えてしまうなどの理由がある。当社もすべてのラインや工場で生産スケジューラを導入すればよいとは考えていない。しかし、現地賃金があがり限られた人員で生産効率をあげていかなければならないライン、生産量・生産品種が増加して、EXCELでは管理しきれなくなった工場で、本当に生産スケジューラが必要でないのか?はもう一度検討すべきと考える。

 人件費の高騰で製造ラインの機械化が進む中では、生産スケジューラにとっては稼働に優位な環境が整う。また、IOT(Internet Of Things)の概念の元、IT化が進んでいる欧米の工場と比較していつまでも職人芸の日本の工場でよいのか?も疑問だ。

 生産スケジューラのメーカとしては積極的に海外での経験を元にこれら日本の情報システム部門を支援すべきと考えている。日本主導で生産スケジューラの導入が進められる場合、ソフトウェアライセンスそのものは日本で購入されることが多いが、窓口となっている日本の当社代理店に海外導入を支援するスキルと体力がない。また、生産スケジューラはソフトウェアそのものの機能勉強をしても自社要件にあったパラメータのセットをユーザ自身ができるとは限らない。

 当社は当初よりこの状況を見通して、初期の多くの海外案件は自社で担当してきた。日本のビジネスモデルからすると代理店にお任せするというのがセオリーだが、お任せするにしてもメーカとしての経験とスキルがなければ、パートナーを支援できない。結果、顧客に迷惑をかけることになる。日本では当社のみしかこのスキルを有している生産スケジューラメーカはいない。その他メーカは日本のみにいる内弁慶でしかない。

 日本国内で他社製品を利用している顧客も海外工場では当社製品を導入している事実がそれを証明している。もちろん、日本でNo.1のシェアを持つ当社も海外市場では安穏とはしていられない。多くの海外コンペがいるためだ。リーン方式が世界の工場を席巻している中、当社も新しい製品コンセプト、方向性を模索する必要がある。

 海外工場に最初に当社製品を採用していただける企業は、ぜひ当方にご相談いただきたい。当社のグローバルネットワークも国により濃淡がある。また、地元の代理店および担当者のスキルにも差がある。よって適切な事前検討と助言が必要だ。それでも、世界展開を支援できるのは当社だけだ。
《newsclip》

注目ニュース

生産スケジューラ Asprova Corporation(アスプローバ株式会社)newsclip

藤井 賢一郎 氏 (グローバルマーケティング担当副社長)

【PR】 アスプローバの「生産ラインの見える化」への道-043 「生産スケジューラを利用し続ける10年選手」newsclip

 当社は日本で設立されて20年を超えるが、日本では当社製品を10年以上利用している顧客も多くある。その特徴は何か?

【PR】 アスプローバの「生産ラインの見える化」への道-042 「当社ユーザの日本工場を回ってみて」newsclip

 毎週3社のペースで日本の工場を訪問している。当社のユーザであって海外に展開の予定がないか?を情報システムの方に確認していく旅だ。

【PR】 アスプローバの「生産ラインの見える化」への道-041 「インターネット環境での生産スケジューラ」newsclip

 全世界工場のERP運用を日本のデータセンターにサーバーを置き運用している顧客が増えている。

【PR】 アスプローバの「生産ラインの見える化」への道-040 「自動車部品メーカに必要な高速MRP」newsclip

 当社のユーザで、東南アジア全域に工場を持つ自動車部品のサプライヤーがある。

【PR】 アスプローバの「生産ラインの見える化」への道-039 「中国華南市場の過去と現在考察」newsclip

 今回5年ぶりに中国華南地区(香港=>シンセン・広州・東莞・中山)を訪問した。タイ市場はソンクラン中で営業ができず、当社上海法人の支援依頼に沿ったものである。

【PR】 アスプローバの「生産ラインの見える化」への道-038 「タイローカル企業でのスケジューラ検討」newsclip

 当社の中国ビジネスは、80%中国ローカル製造業への生産スケジューラ導入というのが実情で、5年前とは大きく様変わりした。

【PR】 アスプローバの「生産ラインの見える化」への道-037 「日本から見た海外工場のシステム」newsclip

 タイでの当社の製品メーカとしての販売促進活動は、おかげさまで成功した。

【PR】 アスプローバの「生産ラインの見える化」への道-036 「マニュファクチャリングフォーラム」newsclip

 日本開催のこのイベント、一部上場の生産技術の責任者(取締役以上)と面会する機会をいただけるフェアだが、当社は第一回開催から毎年参加している。2日間のスポンサー費用は1社数百万円と決して安いものではな...

【PR】 アスプローバの「生産ラインの見える化」への道-035 「生産スケジューラ導入時の顧客側の問題点」newsclip

昨年導入を経験した顧客で2件、タイならではという実情があったように感じる。顧客側の日本工場とタイ工場のものづくりへの考え方の違いが、生産スケジューラ導入の障害になった実例だ。

【PR】 アスプローバの「生産ラインの見える化」への道-034 「上海セミナ 今後の中国SCMシステム」newsclip

先日、中国上海にて、今後の中国における製造業に必要なシステムについてのセミナを開催した。50名を超える参加者があり、JETROからは、現在およびこれからの中国経済をアセアンのそれに比較して説明があった。興...

特集



新着PR情報