RSS

上半期の外国人訪タイ3割増1490万人、中国人が400万人突破

2015年8月7日(金) 10時54分(タイ時間)
【タイ】タイ観光スポーツ省によると、1―6月にタイを訪れた外国人は前年同期比29・5%増の1486・1万人、6月単月では前年同月比53・1%増の228・3万人だった。

 昨年の上半期はバンコクでの大規模な反政府デモと軍事クーデターで政情が混乱し、外国人旅行者数が落ち込んだ。今年の伸びはその反動という側面が大きい。

 上半期の外国人旅行者数を国・地域別でみると、最も多かったのは中国人で400・7万人(前年同期比111・6%増)。次いでマレーシア人170・4万人(同57・9%増)、日本人67・6万人(同16・8%増)、韓国人63・8万人(同19・7%増)、ラオス人56・6万人(同20・7%増)、インド人52・6万人(同17%増)、ロシア人46・6万人(同50・4%減)、英国人46・3万人(同2・7%増)、シンガポール人46万人(同36・5%増)、米国人42・7万人(同12・2%増)――。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】JTBがまとめた夏休みの旅行動向によると、7月15日―8月31日に海外旅行に出かける日本人は前年同期比1・9%減の255万人、旅行の平均費用(土産代など現地支払い費用を除く)は0・7%増の...

【アジア】日本政府観光局(JNTO)によると、上半期(1―6月)に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同期比46%増の913万9900人で、過去最高だった2014年上半期を約288万人上回った。

【タイ、インドネシア、中国】東日本旅客鉄道(JR東日本)はタイ、インドネシア、中国からの訪日旅行者誘致の強化に向け、タイ、中国の旅行会社と業務提携する。

【タイ】東武トップツアーズ(東京都墨田区)は7月1日付でタイに合弁会社を設立し、タイ人の訪日旅行事業に参入する。2016年の取扱額約6200万バーツ(約2・2億円)を目指す。

特集



新着PR情報