RSS

中国原発大手が仏アレバ向け出資検討へ、英大型原発プロジェクトには資金援助

2015年8月7日(金) 15時23分(タイ時間)
【中国】中国の原子力発電事業者が欧州市場の取り込みを進めている。仏原子力大手のアレバ向け出資を通じ、地歩を築く狙いだ。経営難の打開を目指し、すでにアレバの幹部は、中国の中国核工業集団(CNNC)と中国広核集団(CGN)の出資を受け入れる意向を表明した。

 「2016年のアレバ向け資金援助について、仏政府は最大20億ユーロ(約2720億円)に抑える」との観測が流れるなか、中国資本の導入が現実味を帯びてきている。中国証券報などが6日付で伝えた。

 中国の国営企業は、「走出去(海外進出)」の国策に呼応。英国の原発に投資する戦略を進めている。その対象は、フランス電力(EDF)が17年の着工を予定するヒンクリー・ポイントC原発。事前の調査を経て、投資予定額は当初予定の160億ポンドから250億ポンド(約4兆8400億円)に56%上方修正された。EDFはアレバの欧州加圧水型炉の採用を計画。出力は1600MWe(160万kWe)を予定している。アレバと資本提携することで、CNNCとCGNは関連設備の海外輸出を実現する考えだ。

 アレバの株式87%を保有する仏政府は、同社の増資を計画。中国資本には最大10%を取得させる案が浮上しているとされる。

 すでに14年3月、CGNとEDFは覚書を締結。EDFの主導で整備する英ヒンクリー・ポイントC原発に対し、CGNは投資する方針を確認した。17年の着工を目指す。当初資金の3分の2は、中国資本を受け入れる構えだ。

 中国は原発分野の「走出去(海外進出)」を国策的に推進する立場。原発設備をパキスタン、ルーマニア、アルゼンチン、南アフリカ、トルコ、チェコ、サウジアラビア、アルゼンチン、英国などに輸出する計画だ。習近平国家主席は今年1月、原子力産業を「国の戦略産業」と指摘したうえで、その発展を支援し、競争力を高める必要があると指示している。中国核能行業協会などのデータによると、14年末時点で商業運転中の原発総容量は2030万6000kW(中国発電容量全体の1.49%)。14年の発電量は前年比18.89%増の1305億8000万kWh(中国発電量全体の2.39%)に達した。

 中国の原発業界を代表する企業は、いずれも中国国有のCGN、CNNC、国家電力投資集団公司の3社。国家核電技術公司(SNPTC)と中国電力投資集団公司(CPI)が再編合併し、国家電力投資集団公司は今年7月15日に発足したばかり。火力、水力、原子力、新エネルギー資産を擁する総合エネルギー企業として運営される。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】原子力発電で中国最大手の中国広核電力(CGNパワー:1816/HK)は24日、遼寧省に位置する紅沿河原子力発電所の6号機が同日付で着工したと発表した。

【ASEAN、中国】東南アジア10か国で構成されるASEAN(東南アジア諸国連合)に対して、中国が電力設備・技術の売り込み攻勢をかけている。

【中国】中国の李克強首相は15日、原子力発電大手である中国核工業集団(CNNC)の傘下企業を視察し、原発を含むクリーンエネルギーの発展を後押しする方針を示した。

【中国】中国政府は来年にも、内陸部での原子力発電所建設を再開する見通しだ。

【タイ】在タイ日本大使館は1日、東京電力福島第1原子力発電所の事故を受けタイ政府が実施していた日本産食品に対する輸入規制が4月29日付でほぼ撤廃されたと発表した。

特集