RSS

日立キャピタル、マレーシア子会社の社名変更 KL郊外に支店

2015年8月10日(月) 14時35分(タイ時間)
【マレーシア】日立キャピタルは10日、マレーシアの連結子会社で機械設備などのファイナンスを手がけるファースト・ペニンスラ・クレディットの社名を「ヒタチ・キャピタル・マレーシア」に変更し、クアラルンプール郊外のセランゴール州に支店を開設すると発表した。

 ファースト・ペニンスラ・クレディットは2011年にマレーシアのペナン州を中心に事業を開始、2014年にジョホール州に支店を開設した。社名変更による日立ブランドの活用と支店開設で事業拡大を図る。

 日立キャピタルは東南アジアで現在、マレーシア、シンガポール、タイ、インドネシアで事業を展開。今後、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、フィリピンなどへの進出も検討する。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】日立産機システムは7日、電力・配電用変圧器などの設計、製造、販売を手がける合弁会社をミャンマーに設立すると発表した。

【ミャンマー】三菱商事と日立製作所は18日、ミャンマー国鉄に鉄道信号システムを納入すると発表した。国際協力機構(JICA)による無償資金協力事業で、契約額は約24億円。

小規模発電事業者向けに保守サービス 三興と日立、タイに合弁会社newsclip

【タイ】日立パワーソリューションズと三興は6月をめどに、タイに小規模発電事業者向けの保守サービスやコンサルティングを行う合弁会社を設立する。

【マレーシア】日立製作所は19日、マレーシアのサンウェイPFM社と、エネルギーマネジメント分野での協業に関する覚書を締結したと発表した。

特集



新着PR情報