RSS

日本人も被害 アソーク、エムクオーティエ前などでスリ 容疑者グループ逮捕

2015年8月10日(月) 18時11分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察は9日、バンコク都内のスクムビット通りなどで、主に外国人旅行者を狙い、スリを働いた疑いで、カンボジア人の男3人(35、34、22)とベトナム人の男1人(35)を逮捕したと発表した。

 調べによると、容疑者グループは7日夕方、スクムビット通りのショッピングセンター、エムクオーティエ近くを歩いていた日本人のかばんからスマートフォンをすり取った。警察は現場の防犯カメラの映像から容疑者を割り出した。

 取り調べに対し、容疑者は全員、犯行を認め、3カ月ほど前から、アソーク通りやエムクオーティエ周辺でスリを繰り返したと供述した。外国人を狙った理由については、「外国人は被害に遭っても警察に届け出ないから」と話した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】4―6月に在タイ日本大使館に届け出があった日本人の犯罪被害は46件だった。バンコク都内を中心に、スリ、置き引き、ひったくりなどが発生している。

タイ犯罪事情 癖(へき)と犯罪 (4)日本人以外のスリは凶器を所持newsclip

戸島 国雄 氏(警視庁元鑑識捜査官・元似顔絵捜査官・タイ警察現役警察大佐)

【タイ】在タイ日本大使館はゴールデンウィークの連休などでタイを訪れる日本人に対し、タイでの犯罪、トラブルを紹介し、注意を呼びかけた。

特集



新着PR情報