RSS

横浜冷凍、タイ東部バンパコンの第2物流センター竣工

2015年8月11日(火) 13時43分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、横浜冷凍
【タイ】横浜冷凍は11日、タイ子会社のタイヨコレイがタイ東部チャチュンサオ県バンパコン郡にある自社物流センター敷地内に建設した第2物流センターが竣工したと発表した。

 名称は「バンパコン第2物流センター」。鉄筋コンクリート4階建てで、延床面積1万8115平方メートル、敷地面積2万5930平方メートル、冷蔵収容能力約2万3000トン。自然冷媒であるアンモニア(NH3)と二酸化炭素(CO2)を用いた高効率自然冷媒冷凍機を採用したほか、発電能力583キロワットの太陽光発電システムを備える。庫内照明はLED(発光ダイオード)。同センターの稼働で、タイヨコレイの収容能力は5拠点、約9・6万トンになる。

 横浜冷凍によると、タイでは近年、日本や欧米に匹敵するレベルの低温物流サービス網の構築整備が求められている。なかでもバンパコン郡はタイ最大の貿易港であるレムチャバン港と首都バンコクをつなぐ幹線道路が通る一大物流拠点で、コールドチェーンの需要が増大している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】東陽倉庫(名古屋市中村区)は物流センター事業を行う子会社を今年10月をめどにタイ東部チョンブリ県に設立し、2016年2月に営業を開始する計画だ。

【タイ】日通商事(東京都港区)はバンコク中心部から東へ約140キロ、レムチャバン港の東北約130キロのタイ東部プラジンブリ県ロジャナ・プラジンブリ工業団地に物流センターを建設する。2016年2月竣...

物流会社WICE、タイ証取上場newsclip

【タイ】タイの物流会社WICEロジスティクスが28日、タイ証券取引所(SET)に上場した。

【タイ】三菱電機は30日、家庭用・業務用空調機器を製造するタイ子会社、三菱電機コンシューマー・プロダクツ(タイ)が東部チョンブリ県アマタナコン工業団地に設けた新建屋が7月から物流倉庫として本格稼働...

【タイ】郵船ロジスティクスは19日、タイ法人のユウセン・ロジスティクス(タイランド)とマツダロジスティクスの合弁会社マツダ・ロジスティクス&ユウセン(アジア)がタイで受注したマツダ向けの自動車用補...

【タイ】タイの工場・倉庫開発会社WHAコーポレーションは20日、タイ工業団地大手へマラート・ランド・アンド・ディベロップメントを買収したと発表した。

【ベトナム】日本通運は10日、ベトナム北部バクニン省のティエンソン工業団地に物流センター「ティエンソン・ロジスティクス・センター」を開設したと発表した。

【ミャンマー】住友商事は23日、ヤンゴン郊外のティラワ経済特別区の先行開発エリア、ゾーンAに総合物流事業会社を設立すると発表した。ティラワ経済特区ゾーンAに物流事業会社が進出するのは初めて。

特集



新着PR情報