RSS

中国:空港の保安検査を強化、2時間前までの到着奨励

2015年8月12日(水) 15時50分(タイ時間)
【中国】中国の各空港で、搭乗前の保安検査が強化されている。

 8月に入り、手荷物の内部確認や靴脱ぎ検査などの実施比率が上昇しているという。また、機内持ち込みの化粧品や電子機器の充電器などについて、容量・数量規制の徹底が図られている。これを受けて春秋航空などでは、少なくとも出発2時間前までに空港に到着するよう、利用者に呼びかけている。現地メディアが11日伝えた。

 先月26日、深セン航空の機内で放火未遂事件が発生したことを受けたもの。また、来月3日に「抗日戦勝70周年記念日」を控えていることも関係しているようだ。この日は首都・北京で各国首脳の出席する軍事パレードが行われるなど、各地で記念行事が予定されている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】12日朝、バンコクのドンムアン空港で、タイ国際航空系の格安航空ノックエアのコンピュータチェックインシステムがダウンし、午前6時から8時に出発する予定だったほぼすべての便が離陸できなくなるト...

【タイ】バンコク北郊のドンムアン空港で17日から、チェックインの前に手荷物全てのエックス線検査を義務付けたところ、機械と係員の不足から長蛇の列ができ、大混乱となった。

パタヤの玄関口ウタパオ空港 エアアジアがKL直行便開設newsclip

【マレーシア、タイ】マレーシアの格安航空大手エアアジアは16日、クアラルンプール(KL)とタイ東部のウタパオ国際空港(ウタパオ・ラヨン・パタヤ国際空港)を結ぶ直行便の運航を開始した。週4往復。使用...

【タイ】タイのテレビ報道によると、9日午前6時ごろ、バンコク郊外のスワンナプーム空港のタクシースタンドで、駐車中のタクシーが出火、全焼した。死者、けが人はなかった。



新着PR情報