RSS

三井不動産、バンコクでマンション開発加速 計8000戸超

2015年8月12日(水) 22時22分(タイ時間)
位置図の画像
位置図
画像提供、三井不動産
Q Chidlom-Petchaburiの画像
Q Chidlom-Petchaburi
画像提供、三井不動産
Ideo O2の画像
Ideo O2
画像提供、三井不動産
【タイ】三井不動産はタイの不動産ディベロッパー、アナンダー・ディベロップメントと共同で進めるバンコクでのマンション開発を拡大する。現在推進中の4物件(計約4100戸)に加え、新たに5物件(計約4200戸)を開発する計画だ。

 新たな5物件はバンコク中心部のペチャブリ地区とシーロム地区、南東部のバンナー地区、北西部のバンスー地区、西部のタープラ地区に位置し、いずれも都心から10キロ圏内。2015―2016年初頭に着工し、2017―2018年に竣工する予定。

 このうち、ペチャブリ地区の「Qチットロム・ペッチャブリ」とバンナー地区の「イデオ02(オーツー)」については、12日に販売を開始した。

 「Qチットロム・ペッチャブリ」は高架電車BTSチッロム駅から徒歩10分の高級住宅街に位置し、敷地面積2723平方メートル、地上42階、352戸。屋上庭園やスカイプールなど多数の共用施設を設け、周辺物件との差別化を図る。

 「イデオ02」はBTSバンナー駅から徒歩7分で、地上34階2棟と33階1棟の計1559戸。約2・4ヘクタールという敷地を活かし、大規模な庭やプールなどの共用施設、商業区画を設ける。

 アナンダーはBTSや地下鉄MRT沿線で「イデオ」ブランドなどのマンション、バンコク首都圏を中心に「アナンダー」、「シリンダー」ブランドの一戸建て住宅を開発。子会社を通じ、スポーツクラブ、ゴーカート場なども経営。2014年は売上高105・8億バーツ、最終利益13億バーツ、同年のマンション販売実績はバンコク2位、タイ全国で3位だった。
《newsclip》

注目ニュース

シラチャーに日本人向けサービスアパート 東急とタイ・サハグループnewsclip

【タイ】東京急行電鉄とタイの財閥サハグループが出資するサハ東急コーポレーションは日系企業多数が進出するタイ東部チョンブリ県シラチャーで日本人駐在員家族向けのサービスアパート「ハーモニック・レジデン...

タイ東部シラチャーに36階建てマンション 全戸に温水洗浄便座newsclip

【タイ】タイの不動産ディベロッパー、オリジン・プロパティーは約20億バーツを投じ、タイ東部チョンブリ県シラチャーで高層マンションを開発する。

三菱商事、ベトナムでマンション開発newsclip

【ベトナム】三菱商事はシンガポールの不動産ディベロッパー、セムコープ・ディベロップメントと共同で、ベトナムで分譲住宅開発に乗り出す。

西鉄と阪急不動産、ホーチミン市の分譲マンションプロジェクトに参画newsclip

【ベトナム】西日本鉄道(福岡市中央区)と阪急不動産(大阪市北区)はベトナム南部の大手住宅ディベロッパー、ナムロン投資が進めるホーチミン市の分譲マンションプロジェクトに参画する。

三井不動産、バンコク地下鉄サムヤーン駅前に高層マンションnewsclip

【タイ】三井不動産はタイの不動産ディベロッパー、アナンダー・ディベロップメントと共同で、バンコクで高層マンション「アシュトン・チュラシーロム」を開発する。タイでのアナンダーとの共同開発は計4件、約...

三菱地所、バンコクで大規模マンション タイ社と共同で5件目newsclip

【タイ】三菱地所レジデンスはタイの不動産ディベロッパー、AP(タイランド)と共同で、バンコクの地下鉄ペチャブリ駅近くで大規模マンションを開発する。約68億バーツの売り上げを見込む。両社の共同プロジ...



新着PR情報