RSS

出光と住商、ベトナム海上鉱区の権益獲得

2015年8月12日(水) 22時22分(タイ時間)
鉱区の位置の画像
鉱区の位置
画像提供、JOGMEC
【ベトナム】出光興産と住友商事は12日、ベトナム南西海上の39・40/02鉱区の生産物分与契約をベトナム国営石油会社ペトロベトナムと締結したと発表した。権益比率は出光75%、住商25%。

 同鉱区はホーチミン市の南西約500キロの沖合に位置し、面積約1万1620平方キロ、水深50―60メートル。今年8月から3年間探鉱を行う予定で、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が探鉱事業費の50%を上限に出資する。出資額は約57億円。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】三井石油開発は6日、ミャンマーの海上鉱区公開入札で、同社と英オランダ系石油メジャーのロイヤル・ダッチ・シェルがアンダマン海の3鉱区の権益を取得したと発表した。

【マレーシア】JX日鉱日石開発は12日、マレーシアの全額出資子会社JXニッポン・オイル&ガス・エクスプロレーション(オフショア・マレーシア)が同国サラワク州沖の深海3F鉱区の権益40%をマレーシア...

特集



新着PR情報