RSS

日本人が「転職先として働きたい地域」 東南アジア1位

2015年8月13日(木) 23時06分(タイ時間)
【東南アジア】人材サービスのエン・ジャパン(東京都新宿区)が人材紹介会社集合サイト「エン転職コンサルタント」上でサイト利用者を対象に行った「海外勤務」に関するアンケート調査で、「転職先として働きたい国・地域」の1位は「東南アジア」で38%だった。

 「東南アジア」は2010年の調査では10%だった。今回の調査では30代の29%、40代の33%、50代では43%が「東南アジア」と回答した。

 転職先として働きたい国・地域の2位は「北米」で20%(2010年調査20%)、3位は「ヨーロッパ」17%(同21%)、4位は「中国・東アジア」16%(同33%)だった。

 「海外勤務の可能性がある企業を、転職先として積極的に選ぶ」との回答は37%で、2010年調査の19%からほぼ倍増した。

 調査は6月に実施し、1023人が回答した。
《newsclip》

注目ニュース

【カンボジア】キャリアバンク(札幌市中央区)は9日、カンボジアの日系人材会社クリエィティブ・ダイアモンド・リンクスと業務提携すると発表した。

【タイ】リクルートホールディングス(東京都千代田区)はタイに日系企業向けの人材紹介事業を行う子会社「RGF・HRエージェント・リクルートメント(タイランド)」を設立し、18日に事業を開始した。

特集



新着PR情報