RSS

中国:偽ダイエット薬をネット販売、23歳女が違法所得で“豪遊”

2015年8月16日(日) 11時24分(タイ時間)
【中国】陝西省西安市でこのほど、「90後」(ジウリンホウ=90年代生まれ)の女とその仲間3人が逮捕された。

 偽ダイエット薬を調合・販売していた容疑。2013年秋に大学を卒業したばかりの23歳の女は、違法所得で市内の高級住宅街に屋敷を購入、ベンツやポルシェなど複数の高級車を所有していたという。揚子晩報が12日付で伝えた。

 女は大学卒業後、「微信(ウェイシン=中国版インスタントメッセンジャー)」上でダイエット薬を販売する者がいるのを見て、当時つきあっていた男と組み、同商売に手を染めた。同男と喧嘩別れしたあとは、現在の恋人と祖母を仲間に引き入れ、「微信」のチャットグループや「淘宝(タオバオ=ネットショッピングポータルサイト)」上で、「SQ減肥薬」と銘打った違法調合のダイエット薬を、1ケース(120粒)100人民元(約1900円)以上の価格で販売していた。

 女の供述によれば、「SQ減肥薬」の製造コストは約5人民元(約100円)。粗利率95%を超す「濡れ手に粟」の商売といえる。女は逮捕時、住宅や高級車を所有し、代金の受け渡しに使われていた銀行口座の残高は100万人民元(約1940万円)を超えていた。さらに、自宅金庫からも現金40万人民元(約780万円)以上が押収されている。

 成分検査で「SQ減肥薬」からは、多くのダイエット薬で原材料となる物質「シブトラミン」の他に、発ガン性物質「フェノールフタレイン」が検出された。女が調合時の混入を否認していることから、「シブトラミン(1800人民元/1キログラム)」の仕入先である河南省鄭州市のメーカーが、より原価の安い「フェノールフタレイン(700人民元/1キログラム)」を混入して出荷したものと考えられる。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報